MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
中華 ターキー(中華料理/雑司が谷)|各地から熱烈ファンが訪れる人気の老舗は「街中華」の名店だ!

中華 ターキー(中華料理/雑司が谷)|各地から熱烈ファンが訪れる人気の老舗は「街中華」の名店だ!

住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

中華 ターキー(最寄駅:雑司が谷駅)

ギャップはお好き?哀愁と洗練の二面性に惚れる

「うちの味の秘密はコレ。スープにいい素材を使って、手間をかけること」。上質なモミジ(鶏の足)とゲンコツを使い、沸騰厳禁のトロ火で根気強くエキスを抽出する。昭和50年の創業から注ぎ足してきた醤油タレと合わせたスープをすすると、上品な旨みがじんわり。青森産ニンニクが利いたジューシーな餃子も自信作で、注文後に餡を皮に包むのがこだわりだ。年季の入った激シブな店構え(失礼!)に反し、緻密で繊細な仕事ぶり……惚れるでしょ!

ラーメン、ギョーザ
600円、480円

麺は口当たりがしなやかな中細。脂を落とした昔ながらの焼き豚も美味。餃子はヒダを多めに包むことで、ピンと張った美しい佇まいに

マーボ豆腐
680円

豆板醤が程よく利いたマイルド味。ベースに使うモミジのスープがいい仕事してます

肉そば
850円

青椒肉絲をヒントに考案。ピーマンやタケノコの食感とショウガの風味がやみつきに

お店からの一言

店主 甲立一雄さん

「餃子はやっぱり包みたてを焼くのが一番!」

中華 ターキーの店舗情報

[住所]東京都豊島区雑司が谷1-24-2 [TEL]03-3981-7648 [営業時間]11時半~15時LO、17時~20時半LO ※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全14席/喫煙可/予約不可/カード不可/サ、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄副都心線雑司が谷駅1番出口から徒歩6分


電話番号 03-3981-7648

撮影/鵜澤昭彦 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
戦前に生花店から始まり、戦後は甘味処、そして今では街の人々に愛される食事処となった。定食や丼物に洋食と幅広いメニューのなかでも、いちばん人気がこのタンメン。
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt