MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
みくりが池温泉レストラン(レストラン(その他)/立山)

みくりが池温泉レストラン(レストラン(その他)/立山)

開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》みくりが池温泉レストラン(レストラン(その他)/立山)の画像をチェック! navigate_next

みくりが池温泉レストラン

レストランのメニューを見ると、うれしいことにビールに合うおつまみメニューが大充実。
富山湾で獲れたゲンゲの唐揚げ、上品な甘みが特長の白エビのお造りと唐揚げ、3カ月ほど漬けた自家製の行者ニンニク醤油漬けを並べれば、富山の居酒屋にでも入ったかのようだ。
しかし見上げれば、岩肌も雄々しい立山と輝くみくりが池。この別天地で飲む生ビールの旨いこと!
スタッフの斎藤さんによると、先日まで自家製のホタルイカの沖漬けもあったそうだが、人気で完売したそう。無念。締めに選んだ炙りサーモン丼は、醤油ベースのダシがかかっており、ワサビの辛さとイクラの塩味、シソの香りが絶妙で飽きずに最後までいただける。

白エビのお造り、ゲンゲの唐揚げ、白エビの唐揚げ、行者ニンニク醤油漬け、生ビールジョッキ
1000円、620円、520円、410円、700円

山や行き交う登山客を眺めながらビールで乾杯! 山の上で白エビのお造りやゲンゲの唐揚げとは贅沢

炙りサーモン丼
1250円

スタッフ一押しの炙りサーモン丼は絶品

チーズケーキセット(コーヒーor紅茶)
900円

30年間、味を守り続けている人気のチーズケーキ。ブルーベリーソースも手作りだ

お店からの一言

スタッフ 斉藤たみえさん(左)、大野弥生さん(右)

「山の上でも、手作りにこだわっています!」

みくりが池温泉レストランの店舗情報

[住所]富山県中新川郡立山町室堂平 [TEL]076-463-1441 [営業時間]11時~14時 ※ランチタイム有 [休日]12月1日~4月14日 [宿]1人9300円~ 温泉9時~16時・700円


電話番号 076-463-1441

撮影/石井明和 取材/白石あずさ

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル