MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
みくりが池温泉レストラン(レストラン(その他)/立山)

みくりが池温泉レストラン(レストラン(その他)/立山)

開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。

みくりが池温泉レストラン

レストランのメニューを見ると、うれしいことにビールに合うおつまみメニューが大充実。
富山湾で獲れたゲンゲの唐揚げ、上品な甘みが特長の白エビのお造りと唐揚げ、3カ月ほど漬けた自家製の行者ニンニク醤油漬けを並べれば、富山の居酒屋にでも入ったかのようだ。
しかし見上げれば、岩肌も雄々しい立山と輝くみくりが池。この別天地で飲む生ビールの旨いこと!
スタッフの斎藤さんによると、先日まで自家製のホタルイカの沖漬けもあったそうだが、人気で完売したそう。無念。締めに選んだ炙りサーモン丼は、醤油ベースのダシがかかっており、ワサビの辛さとイクラの塩味、シソの香りが絶妙で飽きずに最後までいただける。

白エビのお造り、ゲンゲの唐揚げ、白エビの唐揚げ、行者ニンニク醤油漬け、生ビールジョッキ
1000円、620円、520円、410円、700円

山や行き交う登山客を眺めながらビールで乾杯! 山の上で白エビのお造りやゲンゲの唐揚げとは贅沢

炙りサーモン丼
1250円

スタッフ一押しの炙りサーモン丼は絶品

チーズケーキセット(コーヒーor紅茶)
900円

30年間、味を守り続けている人気のチーズケーキ。ブルーベリーソースも手作りだ

お店からの一言

スタッフ 斉藤たみえさん(左)、大野弥生さん(右)

「山の上でも、手作りにこだわっています!」

みくりが池温泉レストランの店舗情報

[住所]富山県中新川郡立山町室堂平 [TEL]076-463-1441 [営業時間]11時~14時 ※ランチタイム有 [休日]12月1日~4月14日 [宿]1人9300円~ 温泉9時~16時・700円


電話番号 076-463-1441

撮影/石井明和 取材/白石あずさ

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
202views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt