MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鶏匠 らいと(郷土料理/神田)

鶏匠 らいと(郷土料理/神田)

芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。

鶏匠 らいと(最寄駅:神田駅)

朝挽き鶏の旨さを博多風水炊きと宮崎のかご焼きで!

その日の朝〆たばかりの新鮮な身は、心地良い歯応えの後から豊かな甘みがあふれ出す。定番で置く約20種の日本酒は453円(グラス)の均一価格で、コースには+1500円で全種地酒も飲み放題!

水炊き※写真は2人前
1人前1598円

水郷赤鶏の胴ガラとモミジを8~9時間強火で炊いたスープは、骨の髄から抽出した旨みが凝縮。まずはスープだけを味わって

セットにはモモ肉、砂肝、セセリなどの各部位に、つくねや野菜類がつく

かご焼盛合せ三種
972円

備長炭に鶏の脂をふり、舞い上がった炎と煙を専用籠に入れた身にまんべんなく絡めながら焼く

おばんざい盛合せ五種
950円

長茄子の田舎煮、らっきょ味噌胡瓜、鶏軟骨の時雨煮など酒のアテにうれしい小つまみも揃える

お店からの一言

店主 藤江建太さん

「2階はテーブル席です。宴会にもどうぞ!」

鶏匠 らいとの店舗情報

[住所]東京都千代田区内神田3-22-5 [TEL]070-1743-1169 [営業時間]17時~24時(23時半LO) [休日]日(月が祝日の場合は営業し翌休) [席]カウンターあり、全23席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分


電話番号 070-1743-1169

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt