MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
鶏匠 らいと(郷土料理/神田)

鶏匠 らいと(郷土料理/神田)

芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。

鶏匠 らいと(最寄駅:神田駅)

朝挽き鶏の旨さを博多風水炊きと宮崎のかご焼きで!

その日の朝〆たばかりの新鮮な身は、心地良い歯応えの後から豊かな甘みがあふれ出す。定番で置く約20種の日本酒は453円(グラス)の均一価格で、コースには+1500円で全種地酒も飲み放題!

水炊き※写真は2人前
1人前1598円

水郷赤鶏の胴ガラとモミジを8~9時間強火で炊いたスープは、骨の髄から抽出した旨みが凝縮。まずはスープだけを味わって

セットにはモモ肉、砂肝、セセリなどの各部位に、つくねや野菜類がつく

かご焼盛合せ三種
972円

備長炭に鶏の脂をふり、舞い上がった炎と煙を専用籠に入れた身にまんべんなく絡めながら焼く

おばんざい盛合せ五種
950円

長茄子の田舎煮、らっきょ味噌胡瓜、鶏軟骨の時雨煮など酒のアテにうれしい小つまみも揃える

お店からの一言

店主 藤江建太さん

「2階はテーブル席です。宴会にもどうぞ!」

鶏匠 らいとの店舗情報

[住所]東京都千代田区内神田3-22-5 [TEL]070-1743-1169 [営業時間]17時~24時(23時半LO) [休日]日(月が祝日の場合は営業し翌休) [席]カウンターあり、全23席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分


電話番号 070-1743-1169

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。
大正13年創業。洗練された内装と、上質で端正な握りが印象的だ。カウンターでお好み握りの「サーモン」を注文すると、職人さんが煮切り醤油をひと塗りして出してくれた。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt