MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
紅茶専門店コンテナート(珈琲店/代々木)

紅茶専門店コンテナート(珈琲店/代々木)

ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。

perm_media 《画像ギャラリー》紅茶専門店コンテナート(珈琲店/代々木)の画像をチェック! navigate_next

紅茶専門店コンテナート(最寄駅:代々木駅)

ブランデーの芳醇な香りがクセになるかき氷

ここに来たら、かき氷では珍しい“お酒入り”をぜひいただきたい。熟成香をまとうブランデー入りの生クリームをあしらったこのかき氷は、濃く抽出したチェリーティーにブランデーを加えて作ったミルクティーシロップを使用。瑞々しい香りと味わいが楽しめる店主渾身の逸品だ。これらのかき氷は、9月末までの提供を予定している。

ワイルド・チェリー&ブランデー+ブランデークリーム
1026円

綿菓子のようにふんわり盛られている

ロイヤル・ミルクティー
918円

「ロイヤル・ミルクティー」はアッサムを使い、濃厚な練乳の風味とクリーミーさが楽しめる自家製シロップが美味しさの決め手

紅茶セット
324円

セットの紅茶に使われるのはダージリン(ホット・アイス)。紅茶単品はポットで提供

お店からの一言

店長 石田英幸さん、スタッフ 倉本裕梨さん

「爽やかな酸味が特長のバオバブ入りかき氷もあります」

紅茶専門店コンテナートの店舗情報

[住所]東京都渋谷区代々木1-28-9 代々木VILLAGE2階 [TEL]03-3375-1252 [営業時間]12時~19時(18時LO)※ランチタイム有 [休日]無休※第2または第3月は施設休館日 [席]計10席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線など代々木駅西口から徒歩2分


電話番号 ]03-3375-1252

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル