MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
グルメライター絶賛!五反田の居酒屋おすすめ4軒を大発表!

グルメライター絶賛!五反田の居酒屋おすすめ4軒を大発表!

古さと新しさが混在する魅惑の町「五反田」。かつては歓楽街としても発展し、最近では若者向けのおしゃれな飲食店が増え、アクセスも良いので、グルメ注目度の高いエリアの1つです。ここでは、おとなの週末のグルメライターが厳選した情報をお届けします!

はじめに

五反田は、表通りにある新しいお店や、深夜営業のお店、古くからこの地でお店をしている老舗など、多数の魅力あるお店が存在しています!激戦区に店を構えながら、繁盛店となるにはこだわりや探究心も必要でしょう。
今回は個性的で味わい深い居酒屋をいくつかご紹介します。一人飲みするにもよいお店も!必見です!

五反田の居酒屋マップ

まずは分かりやすく、地図で場所をご紹介します!

『鳥料理 それがし』(五反田駅 西口から徒歩5分)

▲リッチレモンサワーと雛鳥のロースト

「鳥料理 それがし」の「リッチレモンサワー」はスライスしたレモン、水、和三盆、三温糖。これらの素材を研究し尽くして辿りついた配合で鍋に加え、アクを引きながら煮詰める。

雛鳥のローストは、しっかりと効いた塩とローズマリーの香りが、その滋養味をストレートに味わせてくれる。

鳥料理専門店のこのお店は、カウンターとテーブル席でゆったりと料理とお酒を楽しめます。
コースにもある鍋料理はお店のイチオシ!鴨やとりのすき焼きは濃いめの割下と卵に絡ませると絶品です♪
ジューシーな「鶏そぼろご飯」もおすすめの1つで、大葉が効いていて飲んだあとの〆にも最適!
日本酒やリッチレモンサワーなどのドリンクにもこだわりがあり、食べても呑んでも旨い、誰もがファンになってしまう居酒屋さんです!

▲『鳥料理 それがし』店内の様子

■『鳥料理 それがし』
[住所]東京都品川区西五反田2-15-11 松岡ビル2階 
[TEL]03-3495-1129
[営業時間]月曜日~木曜日・土曜日・日曜日:17時~24時、金曜日:17時~翌1時
[休日]年末年始 
[座席]カウンター8席、4名席×5卓 計28席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10% 
[アクセス]JRほか五反田駅西口徒歩5分

『もつ焼き ばん』(五反田駅 A5出口から徒歩1分)

▲レバカツ

ばんは昭和33年、中目黒で創業。当時「チュウタン」と呼ばれていた焼酎と炭酸で割ったドリンクを、「サワー」と名付けて売り出し、人気を博した伝説を持つ店だ。

自分たちで芝浦へ直接足を運んでいるので、朝挽きの新鮮なモツが低価格でいただける。その際、一頭買いをするため、18種以上の希少な部位が食べられるのも自慢だ。

もつ焼きの名店といえば、こちらのお店!広いカウンターは一人でも入りやすく、連日仕事帰りの人で賑わいます!

新鮮なもつの刺身や、レバーのカツを食べることができ、「もつ焼きの盛り合わせ」が人気メニュー。焼酎の炭酸割をサワ―と名付けて広めたのはこちらのお店なんだそうです。

フードもドリンクも安く、且つ美味しいので、コストパフォーマンス抜群!お財布に優しくて嬉しいですね♪

▲『もつ焼き ばん』店内の様子

■『もつ焼き ばん』
[住所]東京都品川区東五反田1-12-9 イルヴィアーレ五反田ビル1階 
[TEL]03-3473-8080 
[営業時間]17時~翌4時(3時半LO)、土曜日・祝日:16時半~翌4時(3時半LO)
[休日]なし
[座席]カウンター20席、4名×6卓 計44席/禁煙席なし/カード不可/予約は18時半までは可/サなし 
[アクセス]都営浅草線など五反田駅 A5出口から徒歩1分

『五反田ジビエバル Umagoya』(五反田駅から徒歩約1分)

▲蝦夷鹿のパイ包み

ジビエを軽くつまみながらワインを飲むのに最適で、料理も本格的。上品な味わいの鹿挽き肉に甘酸っぱいカシスソースを合わせた「蝦夷鹿のパイ包み」はビストロ料理と見紛う完成度の高さで、華やかな赤ワインと相性抜群だ。

馬、鹿、猪をはじめ、珍しいジビエ料理を食べられるお店は、カジュアルでコスパが良いと評判!ちょっとおしゃれな雰囲気でデートにもよさそうです。

熊本から直送される馬刺しの盛り合わせや、エゾ鹿のパイ、鴨やラムの自家製ソーセージはおつまみにも。ワインの種類が豊富で、肉料理ともよく合います。
夜中の2時まで開いているのも嬉しい!

▲『五反田ジビエバル Umagoya』外観

■『五反田ジビエバル Umagoya』
[住所]東京都品川区東五反田2-1-1
[電話]03-5422-6890
[営業時間]18時~翌2時 (翌1時LO) 、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時LO
[休日]年中無休 
[アクセス]JR山手線ほか五反田駅から徒歩約1分 ※『五反田ジビエバル Umagoya』のメニューの価格はすべて税抜きです。

『食堂とだか』(五反田駅 西口から徒歩2分)


看板酒は「生おろしレモンサワー」。レモンを皮ごと粉砕して入れる、とろりとした喉越しの1杯だ。

「ウニ・オン・ザ・煮玉子」は、とろとろの半熟煮玉子にウニをのせ、甘めの醤油だれをかけた一品。ワサビが味の引き締め役。

五反田駅周辺の飲食店でも指折りの有名店といえば、地下に店を構えるこちら!予約がなかなか取れない人気店です!
ドリンクも料理も実に丁寧に作られていて、何を食べても美味しいと絶賛されています。

写真のウニをのせた煮卵をはじめ、レアの状態で丼にした牛ごはんなど、とにかく何を食べても美味しすぎる!!盛り付けから味、全てにおいて個性的なのも人気の秘密です。
予約が取れたあなたは、ラッキーかも?!

▲『食堂とだか』店内の様子

■『食堂とだか』
[住所]東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル地下1階 
[TEL]03-6420-3734 
[営業時間]2部制 18時~20時半、20時半~23時
[休日]日曜日
[座席]カウンター8席/22時以降喫煙可/予約が好ましい/カード可/お通し代500円別 
[アクセス] JRほか五反田駅西口から徒歩2分 

おわりに

五反田の魅力あふれる居酒屋を厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたか?さっそく仕事終わりに同僚や友人、恋人や家族と、足を運んでみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1200views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21138views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt