MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
男がケモノに戻る時 いざ、カツカレー!

男がケモノに戻る時 いざ、カツカレー!

これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎

perm_media 《画像ギャラリー》男がケモノに戻る時 いざ、カツカレー!の画像をチェック! navigate_next

カツかカレーか バランスか!?港々の誘惑!

千葉茂(往年の読売巨人軍の名二塁手だ)と聞いて、すぐにピンと来る人はかなりのオールドファンだと思うが、彼が『銀座スイス』で「カレーライスにカツレツをのっけてくれ!」と言って誕生したのがカツカレーとは有名な話。千葉さんに猛烈感謝である。

スパイシーさと辛さに汗をかきながらスプーンを走らせるカレーライス。豚肉の脂と旨みが衣に閉じ込められ、待ちきれない衝動にかられるカツ。このふたつのご馳走が一体化したとなれば、もはや抗えまい。
アドレナリン全開で、うおっし! と挑まずにはいられない、カツカレーは本能の食べ物なのである。高速道路のSAでだって思わず頼んでしまうのは、男の本能なのだから仕方ない。

というわけで、行くぞ、カツカレー・ハンティング!

カツカレーとひと口に言っても、いまやとんかつ屋やカレー専門店、洋食屋やビストロと、いろんなカツカレーが存在する。そう、港々で待つ女のごとく、出会いを求めて行脚しなければならない。うーん、こう来たか! と頷く興奮が待ってるはずだ。

最初は、蒲田の「とんかつ檍(あおき)」の隣に構えるカツカレー屋『いっぺこっぺ』だ。

何がって、まず、見事な厚みでサクッと揚がり、噛み締めれば歯切れよく、健康的な豚の旨みがいっぱいなカツが◎。ロースは150gのボリュームだ。さらに、カレーもいい。とんかつ用のロースを成形した端材の肉が野菜と一緒に煮込まれていてトロトロ。それゆえの甘みとコクがにじみ出ている。
カレーとカツはセパレート。一体化するとまた絶妙なのだが、岩塩やソースも用意され、どう食べ進めるか迷うのも楽しい。

『いっぺこっぺ』ロースカツカレー

お次は町田の裏路地の一角に、47都道府県から足を運ぶファンも多い『アサノ』の“リッチな”カツカレーだ。

早速スープ状のカレーをひと口啜れば、む、なんという完成度! カルダモンが利いて爽やかにスパイシー。でも、それだけじゃない。玉ネギや野菜がしっかり溶けた旨みで、まさに旨々のリッチな味わい。

聞けば、鶏ガラと豚骨をベースにアゴだしなど和のテイストも入ったこだわりのブイヨン。脂身が上品な甘さの希少ロース「高座豚」を使ったカツはほどよい厚みでカレーと合い、最高にバランスがいい。
食べ進めるにつれ引き込まれるシアワセ。まだ旅の途中なのに惚れてしまったじゃないか。また来るぜ。

『アサノ』リッチなカツカレー

ビストロ、レストランも見逃せない!

お次は、溜池山王の『とんかつまさむね』だ。

「和豚もち豚」を使ったここのとんかつは、軽さを追求しているのが特徴。揚げ油も植物性でサクリと豚の旨みを味わえる。
そしてインディなスパイシーさを感じさせる、スパイスオリジナルブレンドのカレーがそそる。辛いんだけど甘みもある。その理由はスープの中に大量に投入された野菜、特にキャベツがたっぷり入っているというのが秘密だ。
とはいえ「主役のとんかつを殺さないように」計算された絶妙なスパイス感。横顔がちょっとだけエキゾチックなのがいいのだ。

『とんかつまさむね』まさむねカツカレー

趣向を変え、恵比寿のビストロ『モンタンベール』に行こう。

長年ホテルのレストランで腕をふるったシェフによるフレンチ仕込み。「チキンブイヨンが決め手。どれくらいきっちり取れるかで味が決まる」というポークカツカレーだ。
ほのかにスパイシーなカレーに感じるのは旨みとコク。そしてここに合わさるのが「越乃黄金豚」のカツ。「脂が軽くて旨いのよ」の言葉通り、柔らかく、さらりと旨い。
これが、舌触りよく、シェフ曰く“節度のある辛さ”のカレーと相俟って、ひとつの世界観をなしているのが素敵である。

『モンタンベール』ポークカツカレー

そして目白の『旬香亭』

まず注目なのはメニュー名「カツとブラックカレー」だ。カツはカツ、カレーはカレー。男らしいではないか! 脂の甘みが強い「夢の大地」を使ったカツは、しっかり厚みがあるけど柔らかい自信作。
カレーはスリランカの先住民シンハラ族のカレーをアレンジ、スパイスを煙が出るまで煎って作るのが特徴だ。
バターのコクやブイヨンの旨みも加わっている。辛さと甘みの奥からくるスパイシーさがたまらない。野菜の素揚げがさりげなく隠れてるのもニクいぞ。

『旬香亭』カツとブラックカレー(ランチのみ)

 熱気あふれるカツカレー。数多の出合いで男を磨くべし。腹を空かせてあなたもGOだ!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
東京のカツカレーを人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!サクサクジューシーなカツとスパイシーなカレーの組み合わせが絶品の14軒を厳選しました。カレー好きにもとんかつ好きにも是非足を運んでほしい名店ばかりです!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル