MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和食と和酒 おがた(和食/四谷三丁目)|秋田出身の店主が作る拘りの出汁を使った季節の和食を…♪

和食と和酒 おがた(和食/四谷三丁目)|秋田出身の店主が作る拘りの出汁を使った季節の和食を…♪

荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。

和食と和酒 おがた(最寄駅:四谷三丁目駅)

卓上に届いた海と大地の味わいをふうふう、アチチと頬張る幸せ

小鍋には日替わりで旬の具材が入り、真昆布、カツオ節、メジマグロ節の三種からとったダシが素材の風味を引き出している。本日はタラと白子の親子鍋で、西京味噌と亭主手作りの米味噌の合わせ味噌仕立て。熱々の汁にじんわり大豆のコクが広がる。影の主役は、秋田県が誇る三関セリ。香りがぎゅっと濃く、タラととろとろ白子の淡い旨みを引き立てる。大人の隠れ家としてもぴったりだが、平日の早い時間や土日はお子様連れも歓迎とか。派手な演出はなくても、鍋をはじめ安全な国産食材にこだわった心尽くしのひと皿が味わえる。

鱈と白子とせりの合わせ味噌仕立ての小鍋
1人前 1500円~

お酒は日本酒と日本ワインを揃える。味噌の風味にはほんの少し渋みと重みのある赤ワインが意外にぴったり

野菜のおひたし盛り合わせ
850円

本日の盛り合わせは、なす、冬瓜、里芋、つるむらさき、ズッキーニ、パプリカ、秋田産天然あみこだけ(アミタケ)。優しいダシの味が広がり、前菜としても、箸休めとしても最高

雑炊
1人前 300円

セリ根やタラの姿かたちは残らずとも、その旨みは全てお米が吸収! ひと粒も残さずに食べたい

お店からの一言

店主 尾形大輔さん

「調味料もすべて国産を使用。子どもから大人まで皆が安心できる味です」

和食と和酒 おがたの店舗情報

[住所]

東京都新宿区舟町4-3 メゾンド四谷2階 [TEL]03-6874-4146 [営業時間]17時~24時(23時半LO)、日13時~23時(22時半LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全10席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分


電話番号 03-6874-4146

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
138views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt