MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(64)ラグビーW杯 優勝記念の特別編!? 南アフリカのロボス/2007年

撮り鉄の「食」の思い出(64)ラグビーW杯 優勝記念の特別編!? 南アフリカのロボス/2007年

いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(64)ラグビーW杯 優勝記念の特別編!? 南アフリカのロボス/2007年の画像をチェック! navigate_next

撮り鉄の「食」の思い出(64)ラグビーW杯 優勝記念の特別編!? 南アフリカのロボス/2007年


いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。

日本戦はもちろん、ほかの国の試合もできるだけ見せてもらい、楽しみました。

ちょうど、この期間は長期撮影が多かったので、車中泊をするのに、テレビの電波状況を見ながら場所を決める日々でした。

三陸鉄道開業のころに見に行った釜石。
鵜住居復興スタジアム(2019年撮影)


それにしても、すごかったのが南アフリカ。

もう憎くったらしいほどの強さに、見入ってしまいした。

で、思い出したのが南アフリカの鉄道。

10年以上前に乗ったプレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです。

同じルートを走る寝台列車ブルートレインが1泊2日で走るのに対して、ロボスレイルは2泊3日。

途中に観光も含めてゆったりと走る列車です。

美しいプレトリアの市街地(2007年撮影)


旅の始まりは南アフリカ共和国の行政を司る首都プレトリア。

町の中心部はきれいに整備された美しい街です。

中心部から、やや離れた場所にあるロボスレイルのプライベート駅「キャピタルパーク駅」から出発します。

ロボスレイルの名前は、鉄道ファンのオーナーのロハン・フォス氏の名前からとっています。

この鉄道がすごいのは、ロハン・フォス氏が集めた車両を美しく、クラシカルな修復を行い走らせているところです。
(南アフリカでは線路の所有と列車の運営が異なる“上下分離方式”なので、運営だけを行っている)

まさに鉄道ファンの最高峰ですね。

ロボスレイルのプライベート駅が始発駅(2007年撮影)


プライベート駅のラウンジで、ウエルカムドリンクをいただきながら待つことしばし。

ホームに列車がやってきます。

なんとSLが牽引です。

短い区間ですが、この駅からプレトリア駅までの区間は、煙をがんがん上げながら走りました。

客車もグリーンに白い帯で品格があります。

なによりすごいのが、13両編成の乗客定員が28名、1両2部屋のロイヤル、ダイニングカー、ロビーカーをはじめ、荷物用車両からクリーニング専用車まで連結しています。

スタッフは乗客数の倍以上乗務しています。

もう、この段階で圧倒されていました。

キャピタルパーク駅からはSLが牽引(2007年撮影)

客車はグリーンが基調で品格がある(2007年撮影)

本線上は電気機関車が牽引する(2007年撮影)


乗車した部屋は、1両に5部屋と、この鉄道の中では小さめですが、それでも十分。

二段ベットとトイレ、シャワー付きです。

窓も大きく開いて外の空気が吸えるのも素晴らしい。

引き出しの中には、窓から顔を出すときに使うゴーグルまであるのにびっくりしました。

乗車した客室(2007年撮影)

室内にはウエルカムドリンクも(2007年撮影)


1両に2部屋のロイヤルスイートも撮影させていただきました。

広いベットにソファー、バス……シックな木調の部屋です。

この原稿を書いているときに、同じツアーでロイヤルスイート料金を見たのですが、価格は1名でZAR45,000,00……。

2名でだいたい120万円くらいです。

もう、なんと言っていいやら(笑)。


ロイヤルスイートの室内。
もう別世界(2007年撮影)


そして、豪華寝台列車のメインイベントといえばディナーです。

レストランカーも時代を感じる造りになっていて素晴らしい!

たまらない雰囲気です。

座席は食事のたびにトレインマスターが指定します。

4人テーブルが主で、相席になる場合も多く、話が合いそうな人など、それぞれをマッチングしています。

ディナーはコース料理、意外にもシンプルな皿なのですが、素材がすばらしく、本当においしい料理でした。

ディナー時のレストランカー(2007年撮影)

ディナー料理の数々。素材がおいしい(2007年撮影)


ディナーが終われば、展望車付きのラウンジカーで落ち着きます。

ドリンクはすべてフリードリンク。

さすがですが、撮影のため飲みすぎ注意でした。

夜のラウンジカーも良い雰囲気(2007年撮影)


翌朝の朝食はビュッフェスタイルです。

たっぷりのサラダとフルーツ、それにタマゴ料理はオーダーにこたえてくれます。

豪華列車といっても華美になっていない、それでいて、やっぱりおいしい料理でした。

夜明けの展望車。朝日が車内に注ぎ込む(2007年撮影)

朝のレストランカー(2007年撮影)

朝食も意外とシンプル(2007年撮影)


2日目は、途中で観光用の停車があります。

昼近くなって右手には大きな湖が見えてきます。

湖面には、ぽつぽつとピンク色の生き物がいるのがわかります。

そして車窓に現れたピンクのかたまり、フラミンゴの群れです。

カメラのファインダー越しに見える姿は、スペクタルで、感動ものの風景でした。

湖を過ぎると間もなく停車駅のキンバリー、ダイアモンド鉱山で有名な町です。

列車の出発時には、乗客の新婚さんがダイヤの指輪を買っているので、しばらく発車を待つくらい。

もちろん誰も気にしません。

やっぱり鉄道の旅は、時刻の感覚が違いますね。


キンバリー近くの車窓は
フラミンゴの群れ(2007年撮影)


2泊3日の列車旅も、あっという間に過ぎて行きます。

終着は、アフリカ大陸南端の町ケープタウン。

海と街の風景が美しい町です。

まあ、到着時に取材して回ったお店で食べたカキにHIT!(同行者はぜんぜん平気なので、体調と合わなかったかも)

翌日のワインランド取材は、たいへんなことに……。

そのへんは、いずれ機会があれば書きますね。


終着の町ケープタウン(2007年撮影)

ケープタウン近くで見たケープペンギン(2007年撮影)

この岬の少し先が喜望峰(2007年撮影)

列車の影と地平線(2007年撮影)


地平線を見続けた2泊3日の旅。

車窓もスタッフも乗客も、まるで映画の中のような風景でした。

南アフリカは、飛行機でほぼまる一日の行程。

なんとも遠い場所ですが、いつかまた行ってみたいと思っています。


そのときはもちろんラグビーも見たいです。








佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル