MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
蕎麦処 栃の木や(そば/巣鴨)|粗挽き、二八、変わり蕎麦!職人が手打ちでご提供!

蕎麦処 栃の木や(そば/巣鴨)|粗挽き、二八、変わり蕎麦!職人が手打ちでご提供!

粗挽き、二八、変わり蕎麦と、個性の違う3つの蕎麦を職人が打つ。地蔵通りに面したごく普通の外観からは、ちょっと想像しなかったこの展開に蕎麦好きならわくわくするはず。

蕎麦処 栃の木や(最寄駅:巣鴨駅)

粗挽きから変わりまで3つの蕎麦を食べ比べ

蕎麦は石臼挽き自家製粉。中でも一番のウリである粗挽きは手間をかけて手挽きするので、その分蕎麦の風味が一段とよい。更科粉を使った変わり蕎麦を打つのは、店主内藤さんの実父・80歳! なんと蕎麦好きが高じて、難関と言われる蕎麦打ち四段を取得したという。平日は昼営業のみだが、営業する週末は季節限定の鍋で日本酒を傾けつつ、極上の蕎麦で〆るのもよし。

粗挽蕎麦
900円

二八の粗挽きはもちもちした食感も意識しているとか

柚子切り
900円

秋限定の柚子切り。春は桜など季節の変わり蕎麦が登場する。唐辛子切りも研究中とか

鴨しゃぶ
一人前1728円(二人前から)

3月末頃までの季節限定。柔らかな鴨肉はダシでさっと火を入れていただく

お店からの一言

店主 内藤和利さん

「3つの蕎麦を食べ比べる「利き蕎麦」もおすすめ」

蕎麦処 栃の木やの店舗情報

[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-17 [TEL]03-5972-1170 [営業時間]11時~15時半(15時LO)、金・土11時~15時半(15時LO)、17時~21時(20時半LO) ※12/31は~16時(15時半LO)※ランチタイム有 [休日]水、1/1 [席]座敷あり、全32席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営三田線ほか巣鴨駅A3出口から徒歩7分


電話番号 03-5972-1170

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店頭でまず見入ってしまうのが、各地から吟味した蕎麦を挽く機械式の石臼。挽きたての蕎麦粉で打った十割蕎麦は、コシのある食感とのど越しの良さを併せ持つ。
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt