MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
そば処 池乃屋(そば/氷川台)|昭和32年創業「そば処 池乃屋」は町の食堂として親しまれています♪

そば処 池乃屋(そば/氷川台)|昭和32年創業「そば処 池乃屋」は町の食堂として親しまれています♪

 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。

そば処 池乃屋(最寄駅:氷川台駅)

透き通ったコクありスープに縮れ麺、焼豚の旨さが秀逸

ラーメンは創業当時からあり、ワンタン、味噌、辛味ちゃんぽんなどもあって種類が多いのも特徴だ。自家製の肉々しく大きな焼豚が入ったチャーシューメンは、「いつもコレ」というお客さんもいる人気メニュー。鶏ガラとゲンコツ、ネギを使い、チャーシューの煮汁も半分戻すというスープは見た目はスッキリ。醬油味の向こうに旨みとコクがある。そしてやはり自家製の縮れ麺の具合がいい。細めでコシがありスープとよく絡む。水から丁寧に煮込まれた焼豚はやわらかくも、噛みしめるほどに旨くて思わずニンマリ。輪郭のしっかりした、また食べたいと思わせる一杯だ。

チャーシューメン
750円

スープに馴染んだ肉々しい焼豚のルックスに、ひと目で食欲をそそられる。濁らないように丁寧に仕込まれたスープは、しっかり輪郭のある醬油味。ナルト、メンマ、カイワレものる

カツ丼
750円

丼物も人気高し。トンカツに蕎麦用のつゆとカエシを使った少し濃いめの味がいい

お店からの一言

三代目・大根原政人さん

「毎日仕込む焼豚は数量限定なので売り切れ御免です!」

そば処 池乃屋の店舗情報

[住所]東京都練馬区氷川台4-16-6 [TEL]03-3933-3322 [営業時間]11時~15時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]小上がりあり、全24席/喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか氷川台駅1番出口から徒歩9分


電話番号 03-3933-3322

撮影/小澤晶子 取材/池田一郎

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
175views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt