MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
串揚げ 新宿立吉(/日比谷)|新宿の昭和50年創業「老舗串揚げ店」!旬の食材を使った絶品串揚げは味も値段も◎

串揚げ 新宿立吉(/日比谷)|新宿の昭和50年創業「老舗串揚げ店」!旬の食材を使った絶品串揚げは味も値段も◎

ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。

perm_media 《画像ギャラリー》串揚げ 新宿立吉(/日比谷)|新宿の昭和50年創業「老舗串揚げ店」!旬の食材を使った絶品串揚げは味も値段も◎の画像をチェック! navigate_next

串揚げ 新宿立吉(最寄駅:日比谷駅)

厳選素材を軽やかに揚げた人気店

甘め・辛めの2種のソースとレモン、醤油などが添えられ、卓上の胡椒塩でも美味。行列にめげず食べてほしい名店だ。

大きな「アスパラ」は、自家製マヨネーズが素材の甘みを引き立てる

この日は右から「カニ爪」、「名古屋コーチン」、「消臭ニンニク」など。まず提供されるキャベツ&スティック野菜とパセリや突き出し、途中で出される酢の物など(あわせて200円)は串揚げを美味しく食べるための最強の仲間

串揚げ 新宿立吉の店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F[TEL]03-6811-2363 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有


電話番号 03-6811-2363

撮影/西﨑進也 取材/市村幸妙

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル