MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
キッチン カントリー(洋食・西洋料理/自由が丘)|ロールキャベツがめちゃくちゃ旨いハンガリー料理のお店♪

キッチン カントリー(洋食・西洋料理/自由が丘)|ロールキャベツがめちゃくちゃ旨いハンガリー料理のお店♪

ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。

キッチン カントリー(最寄駅:自由が丘駅)

パプリカが食欲を刺激! サラサラで飲みやすいハンガリーの国民食

なぜ無味なのにパプリカが必須なのか。グャーシュを頼めば理由がわかる。パプリカの芳香が食欲を刺激するため、飲む匙を止めるのは不可能。玉ネギ、トマト、牛スネ肉と食べるうちに、食材の美味しさが口内で繋がり合う。「ハンガリーは煮込み料理が多いけれど、ルウをあまり使わない。サラリとした仕上がりで親しみやすいんです」。1955年から続く洋食店が、ハンガリー料理店に看板を変えて25年。齊藤さん夫婦の気さくな人柄もあり、中欧の味は着実に東京に根付いている。

グャーシュ
1280円

炒めた玉ネギや粉パプリカをブイヨンスープでのばす。ハンガリー料理の特色のひとつ、ガルシュカ(自家製ニョッキ)なども入る

ロールキャベツ
1580円

こちらも旨みが染み出た煮込み、ハンガリー風ロールキャベツ。サワークリームの酸味もほどよいアクセントに

チキンパプリカ
1580円

サワークリームを加えて煮込んだチキンはしっとり芳醇な味わい

お店からの一言

シェフ 齊藤一正さん

「現地や大使館の方に教わった親しみやすい味わいです」

キッチン カントリーの店舗情報

[住所]東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート3階 [TEL]03-3717-4790 [営業時間]11時半~14時LO、18時~21時半LO ※ランチタイム有 [休日]水 [席]24席 カード可/予約可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅から徒歩1分


電話番号 03-3717-4790

撮影/鵜澤昭彦 取材/岡野孝次

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt