MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ガンゲット・ラ・シェーブル(ビストロ/浅草)|お洒落なカジュアルフレンチのビストロ☆予約必須の人気店!

ガンゲット・ラ・シェーブル(ビストロ/浅草)|お洒落なカジュアルフレンチのビストロ☆予約必須の人気店!

「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。

ガンゲット・ラ・シェーブル(最寄駅:浅草駅)

丁寧に時間をかけてしっとり仕上げられた極上の鶏煮込み

今や東京のビストロでは絶滅危惧種のような鶏の赤ワイン煮「コック オー ヴァン」もここでは定番。シェフの力量と古き良き時代の丁寧な仕事を感じさせるこの料理は、完成までに4日もかかる。鶏肉を赤ワインにひと晩漬け込み、それから2時間煮込んでスープの中でまたひと晩。翌日にソースを煮詰めて漉し、鶏肉を戻してまた煮込む。手間ひまかけて味を重ねるので、肉は旨みを吸い込み驚くほどしっとり。ナイフを入れれば身がほろりと骨から外れ、その姿に食べる前から心が踊る。

コック オー ヴァン
1650円

バターやフォン・ド・ヴォーで濃厚に仕上げた赤ワインソースにしっかりと包まれた柔らかい鶏肉。下味から仕上げまで段階的に味を入れるので、中までじんわりと旨みが染みている。バターを濃厚に感じさせるジャガイモのピュレと一緒に食べると、これぞ至福

ポーチドエッグの赤ワイン煮
650円

日本ではほとんど見かけないがフランス・ブルゴーニュ地方では定番とか。本来は卵を数個使うメインディッシュだというが、こちらではあえてこのサイズでおつまみに。黄身を突き崩して混ぜるか、白身と黄身を別々に食べるかはお好みで

お店からの一言

オーナーシェフ 田口昌徳さん

「昼の2時からオープンします。昼飲みもぜひ、楽しいですよ」

ガンゲット・ラ・シェーブルの店舗情報

[住所]東京都台東区西浅草2-2-13 [TEL]03-3845-4430 [営業時間]14時~23時(22時LO) [休日]火、第2水 [席]全24席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩3分


電話番号 03-3845-4430

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt