MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
YAUMAY(中華料理/丸の内)|本場香港の中国茶や独創的な点心は、ここでしか食べられない逸品☆

YAUMAY(中華料理/丸の内)|本場香港の中国茶や独創的な点心は、ここでしか食べられない逸品☆

ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。

YAUMAY(最寄駅:日比谷駅)

世界的レストランターが手掛けたワンランク上の点心に陶酔

透き通る皮に豆苗の緑が浮かぶ姿は美味の芸術品。奥の焼売に至っては、上にホタテ、下に海鮮のすり身と2層仕立ての贅沢さ。ワンランク上の点心専門店誕生に歓喜したのは、何も丸の内で働く人だけではあるまい。
それもそのはず、手掛けたのは世界的レストランプロデューサーのアラン・ヤウ氏だ。星付き店のトップシェフらを集結させ、日本初出店を果たした。点心は珠玉の約30種。初めてなら冒頭の2品に加え蝦夷鹿肉のパイ包みも頼んでほしい。
甘めのソースで煮た鹿肉の柔らかさとサクサクのパイの調和は無上の快感。他の追随を許さない至極の味をラグジュアリーな空間でぜひ。

豆苗と海老の蒸餃子、帆立焼売
864円、1404円

透明感のある皮の下から見える豆苗の緑とほのかなエビの紅白色が食欲をそそる

紋甲イカのカレー風味、蝦夷鹿肉のパイ包み
1080円、1620円

カレー風味のイカは十数種類の香辛料やハーブを使った奥深い辛さ。隠し味は干しエビ。蝦夷鹿肉のパイ包みはロンドンの星付き店などで活躍したシェフ、スーン氏の看板料理。甘いソースで煮た肉の旨みとパイの食感が見事なバランス

お店からの一言

店長 髙橋一平さん

「食材は国産を中心に、世界中から取り寄せています」

YAUMAYの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア2階 [TEL]03-6269-9818 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]元日・ビル点検日 [席]カウンターあり、全118席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%、お通し代なし [交通アクセス]都営三田線ほか日比谷駅B4・B7出口から徒歩1分


電話番号 03-6269-9818

撮影/小島 昇 取材/肥田木奈々

2019年5月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
松濤にお目見えした中華料理店が打ち出すのは、化学調味料不使用で油控えめ、毎日でも食べたくなるやさしい味だ。すべての料理に上品な旨みをもたらすのが、親鶏と香味野菜をじっくり炊いた琥珀色のスープ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt