MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ながおかのおっさん(お好み焼き/広尾)|頑固一徹な「おっさん」のこだわりが詰まった神戸系お好み焼き店

ながおかのおっさん(お好み焼き/広尾)|頑固一徹な「おっさん」のこだわりが詰まった神戸系お好み焼き店

まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。

perm_media 《画像ギャラリー》ながおかのおっさん(お好み焼き/広尾)|頑固一徹な「おっさん」のこだわりが詰まった神戸系お好み焼き店の画像をチェック! navigate_next

ながおかのおっさん(最寄駅:広尾駅)

男69歳の原点回帰! こだわり抜いた素材が生む“ほんまもん”の味

約30年前に営んでいた神戸のお好み焼き店を彷彿させる雰囲気と味を再現した。
 オリジナルの粉で作られる生地、カツオベースのダシ、神戸のメーカー3社のものをブレンドした特製ソースに甘みのある豚バラ肉など。頑固一徹な“おっさん”のこだわりが詰まったお好み焼きは、関西出身者が食べたら「そう、これこれ!」と懐かしい気分に浸れるはずだ。
 個室やテーブル席もあるが、ぜひカウンターに座ってほしい。ジューッと焼ける音、ソースの香ばしい香り、そして長岡さんの軽快なトーク。特等席で圧巻の“ながおか劇場”を楽しんでいただきたい。

ながおかのお好み焼
1000円

中力粉をベースにしたオリジナルの粉で作られる特製生地は、焼くとふんわり軽やかに。豚肉や牛スジ、キャベツ、ジャガイモなどが入り、様々な食感が楽しめる。従来のものよりサイズは少し小さめ。飲みの〆として食べるのもいい

作焼
800円

とん平焼きをアレンジしたオリジナル。レモンを加えた特製マヨネーズ、青ネギ、牛スジを卵で包み、オムレツのように仕上げる。ゴロッとした牛スジの甘みと、とろ~りとした黄身が絡み合う至福の味。中の具材は好きなものに変更可能

10時間焼
1400円

オニオングラタンスープから着想を得た異色の一品。鉄板で“煮る”イメージで、牛スジを煮たダシで玉ネギを蒸し焼きし、甘みをグッと引き出した後、豚バラ、ネギを薄めの卵で閉じ込める。今の時期は淡路島の新玉ネギを使用。より甘みが感じられる

神戸そば飯
1800円

神戸・長田エリアのものと違い、豚肉が入る。ソースが濃厚でないため、見た目以上にあっさり。細めの特注麺を1玉分入れて、ご飯よりも多め。刻んだ麺の食感が心地いい。ボリュームが多いので、グループでのシェアがおすすめだ

ながおかのおっさんの店舗情報

[住所]東京都渋谷区広尾5-25-6 [TEL]03-6277-1239 [営業時間]17時半~24時、土・祝前日17時半~翌2時 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩2分


電話番号 03-6277-1239

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
祖母の代がお好み焼き屋だった広島出身の店主。DNAを受け継いで、学芸大学駅近くに地元名物を発信する“小さな広島”を作っちゃった。
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
たこ焼きといえば“大阪のソウルフード”。東京でなかなか美味しいたこ焼きに出合えないとお嘆きの関西出身者、そして都民のみなさん、いやはやこれが……見つかりました。ここならほんまもんが食べられまっせ!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル