MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ながおかのおっさん(お好み焼き/広尾)|頑固一徹な「おっさん」のこだわりが詰まった神戸系お好み焼き店

ながおかのおっさん(お好み焼き/広尾)|頑固一徹な「おっさん」のこだわりが詰まった神戸系お好み焼き店

まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。

ながおかのおっさん(最寄駅:広尾駅)

男69歳の原点回帰! こだわり抜いた素材が生む“ほんまもん”の味

約30年前に営んでいた神戸のお好み焼き店を彷彿させる雰囲気と味を再現した。
 オリジナルの粉で作られる生地、カツオベースのダシ、神戸のメーカー3社のものをブレンドした特製ソースに甘みのある豚バラ肉など。頑固一徹な“おっさん”のこだわりが詰まったお好み焼きは、関西出身者が食べたら「そう、これこれ!」と懐かしい気分に浸れるはずだ。
 個室やテーブル席もあるが、ぜひカウンターに座ってほしい。ジューッと焼ける音、ソースの香ばしい香り、そして長岡さんの軽快なトーク。特等席で圧巻の“ながおか劇場”を楽しんでいただきたい。

ながおかのお好み焼
1000円

中力粉をベースにしたオリジナルの粉で作られる特製生地は、焼くとふんわり軽やかに。豚肉や牛スジ、キャベツ、ジャガイモなどが入り、様々な食感が楽しめる。従来のものよりサイズは少し小さめ。飲みの〆として食べるのもいい

作焼
800円

とん平焼きをアレンジしたオリジナル。レモンを加えた特製マヨネーズ、青ネギ、牛スジを卵で包み、オムレツのように仕上げる。ゴロッとした牛スジの甘みと、とろ~りとした黄身が絡み合う至福の味。中の具材は好きなものに変更可能

10時間焼
1400円

オニオングラタンスープから着想を得た異色の一品。鉄板で“煮る”イメージで、牛スジを煮たダシで玉ネギを蒸し焼きし、甘みをグッと引き出した後、豚バラ、ネギを薄めの卵で閉じ込める。今の時期は淡路島の新玉ネギを使用。より甘みが感じられる

神戸そば飯
1800円

神戸・長田エリアのものと違い、豚肉が入る。ソースが濃厚でないため、見た目以上にあっさり。細めの特注麺を1玉分入れて、ご飯よりも多め。刻んだ麺の食感が心地いい。ボリュームが多いので、グループでのシェアがおすすめだ

ながおかのおっさんの店舗情報

[住所]東京都渋谷区広尾5-25-6 [TEL]03-6277-1239 [営業時間]17時半~24時、土・祝前日17時半~翌2時 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩2分


電話番号 03-6277-1239

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本場大阪の味にこだわって、ダシの利いたお好み焼きやアツアツの鉄板焼きがいただける店。ゆったりしたレイアウトでリラックスして楽しめる。
卵に包まれ、丸く盛り上がったお好み焼きの高さは約10センチ。切れば、特注の生麺を使った焼きそば、蒸し焼きにされたキャベツ、豚肉、たっぷりの青ネギと圧巻のボリューム。
グルメライターが恵比寿のお好み焼き店[お好み焼き いまり 恵比寿店]を実食レポート。これぞゴールデンコンビ。『お好み焼き いまり 恵比寿店』の「レモン酎」は焼酎に国産レモンを皮ごと数日、さらに皮を取った実を2週間ほど漬け込んだものを使う甘さナシのスッキリタイプ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11
野菜焼きから焼きそば・お好み焼各種まで、軽いものから腹がしっかりふくれるものまで熱々の鉄板焼きを楽しめる。「山芋とろろ焼き」は長芋と大和芋をすりおろしたものに卵とネギを合わせ焼いたもの。
たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。この店もそのひとつだ。タコの旨みが生地に染み込みジュワッと旨い!
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt