MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大多福(おでん/浅草)|丁寧な仕込みで変わらぬ味を守る

大多福(おでん/浅草)|丁寧な仕込みで変わらぬ味を守る

大正4年から続く老舗。琥珀色の澄んだツユは、カツオと昆布から取るダシをベースに、戦後から継ぎ足し作られている。それに浮かぶのは常時36種類揃うおでん種。3日間かけて味を煮ふくめる「大根」や、生のイワシの身を丁寧にすりつぶして作る「つみ入れ」など、それぞれの具材に合わせた手間ひまかけた仕事で、変わらぬ味を守り続けている。

大多福(最寄駅:浅草駅)

大根
330円

おでん盛り合せ 
おでんは、写真にある定番種の他にも、「いいだこ」や「ねぎまぐろ」、「魚すじ」などの変わり種まで幅広く揃う

たこ足
760円

焼どうふ
220円

つみ入れ
330円

こんにゃく
110円

昆布
110円

半ぺん
430円

牛すじ煮込み
900円

大多福

東京都台東区千束1-6-2 ☎03-3871-2521 [営](11月〜2月)17時〜23時、日・祝は12時〜14時、16時〜22時 (3月〜10月)17時〜23時、日・祝は17時〜22時 [休]月(12月〜2月は定休日なし)

電話番号 03-3871-2521

大多福の関連記事

2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
例えば「大根」。2日間かけて炊くが、ツユの旨みだけでなく、素材が持つ味がきちんと残って、ほっこり。
やさしい味わいに心が和らぎ、気持ちがほっこり。そんなおでんのダシには、旨みの強い羅臼と日高の2種類の昆布を使い、カツオ節はしっかりと味が出るものを時期や産地で厳選。
黒はんぺんやさんかく、ふわ。魚粉をしっかりかけて食べるのが旨い静岡おでん。
京橋駅周辺をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめおでん。おでんが恋しいこの季節。ならば黄金色のつゆが美しいこの店はいかが。
小さなコの字カウンターの真ん中には、京風のうすいおダシのおでん鍋。生のりやハモのさつま揚げなど、季節のおでん種も充実。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt