MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
だるまや餅菓子店(和菓子/十条)昭和22年創業、個性溢れる絶品かき氷をぜひご賞味下さい!

だるまや餅菓子店(和菓子/十条)昭和22年創業、個性溢れる絶品かき氷をぜひご賞味下さい!

昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。

perm_media 《画像ギャラリー》だるまや餅菓子店(和菓子/十条)昭和22年創業、個性溢れる絶品かき氷をぜひご賞味下さい!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

だるまや餅菓子店(最寄駅:十条駅)

抹茶本来の味を生かした珠玉のかき氷

なかでも、オススメは極上クラスの八女産の抹茶を惜し気もなく使った「特選八女金時」。シロップなどは加えず、濃茶そのものを上からたっぷりとかけることで、旨みが際立った、八女の抹茶本来の味わいを堪能できる。ふっくらとした粒あんは自家製で、ほど良い甘さがしみじみ旨い。ほろりと口で溶ける天然氷と共に、抹茶の風味を引き立てている。最後のひと匙まで抹茶を堪能できるかき氷、この夏ぜひ味わってほしい。

特選八女金時
1480円

タンニンが少ない抹茶のため苦みがなくスッキリ

抹茶クリームあずき
700円

八女産の濃茶がかかった一品。小豆はふっくらして食感がいい。素朴な味の自家製のミルクアイスが溶けはじめたら混ぜて食べて

特選ミルク宇治金時
1580円

抹茶は宇治の田原産を特別配合。優しい甘さが口に広がる

お店からの一言

女将 河田百合子さん

「氷が溶けにくく抹茶が映える器を使ってます」

だるまや餅菓子店の店舗情報

[住所]東京都北区十条仲原1-3-6 [TEL]03-3908-6644 [営業時間]10時~18時 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]全28席/全席禁煙/予約不可/カード可 [交通アクセス]JR埼京線十条駅北口から徒歩3分


電話番号 03-3908-6644

撮影/西﨑進也 取材/渡邉裕美

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢駅から徒歩3分、かつて天狗のお面が置かれていた真龍寺の跡地に「ガーデンテラス下北沢」。その1階に天然氷のかき氷専門店『天ノ屋(あまのや)』が、2021年4月28日にオープンした。シモキタ在住のライターが涼をもとめて、いざ実食!
浅草・観音裏にある自宅兼店の小さな店舗は、せんべい店が多い浅草にあっても知る人ぞ知るといった風情がある。が、その美味しさはお墨付き。
近頃ますます刷新されている和菓子の世界ですが、集めてみると、華やかで軽やかで、楽しい! そんな個性派"にゅーうぇーぶ系"和菓子を厳選してご紹介。ぜひお楽しみあれ。
せんべいを生地から手がける店は、今では数えるほど少なくなったが、ここは当たり前に手作りしている。およそ100年前の創業当時、こちらが生地屋から始まったと聞けばそれも納得だ。
小豆などを扱う雑穀商として創業し、1852年から今の場所で甘味処として営業。その集大成といえるのが、「特製西山あんみつ」だ。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル