MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の居酒屋ランチで充実の海鮮系どんぶりを食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(143)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の居酒屋ランチで充実の海鮮系どんぶりを食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(143)

私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の居酒屋ランチで充実の海鮮系どんぶりを食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(143) の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺の居酒屋ランチで充実の海鮮系どんぶりを食べる件


思えば吉祥寺の居酒屋ランチを食べ散らかしてきたおっさん女子である(遠い目)。

フライがイケてる居酒屋ランチ(48回)、チェーン店居酒屋ランチ(80回)、昼飲み居酒屋ランチ(128回)などなど。

しかし私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。

だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。

そして私は白飯至上主義。

今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。


イラスト/小豆だるま

1軒目は、サンロードのかなり最果てにある『和風だいにんぐT』だ!


まず1軒目は、サンロードのかなり最果て、というか五日市街道にぶつかる寸前のあたりにある『和風だいにんぐT』。

ここは「和風だいにんぐ」って名乗ってるけど、私の中では“サーフだいにんぐ”と呼びたいテイスト。

店内の雰囲気が海の家のざっくばらん&いい感じにラフっていう感じなんですよ。

夜は海鮮系メニューがウリのお店。

昼はチキン南蛮とか、ハンバーグ、日替わりカレーなんかもありますが、やっぱりお刺身、焼き魚、海鮮丼を食べるべき。

特に海鮮丼は、仕入れの状況次第なんでしょうけど、日替わりで、ごはんに乗っかっている海鮮の種類がめっちゃ多い。

マグロやら、サーモンやら、ホタテやら、エビやら、やたら豪華です。

あと何気に味噌汁が美味しい。

以前、ランチは土日のみだったけど、最近は平日もやっていて、1000円でおつりがくるという穴場の居酒屋です。

わりと、おひとり様女性客が多い印象だ。

2軒目は、弁天通りにある『K屋 MK』がオススメ!


そして2軒目は、弁天通りにある『K屋 MK』。

なんか店名イニシャルが、ブロックサインのようになってしまいましたが、ここは干物屋居酒屋というくくりのようです。

でも、ランチが充実しています。

店名的には、肉系っぽいんですが、やっぱり海鮮系が狙い目。

日替わりの焼き魚定食、刺身定食、海鮮丼、まぐろ漬け丼、鉄火丼、シラス丼、ネギトロ丼など、どんぶりものが超充実。

私は、ここの日替わり刺身定食、特にカツオのたたき定食が好きなんですけど、なぜか常連さんがやたらにシラス丼を頼んでいる……。

そして、納豆をトッピングしている……。

ここは生卵、おろしだいこん、納豆などなど、いろいろトッピング(有料)できる仕様なんですけど、常連さんは、丼+トッピングがデフォルトのようなので、ぜひ好きな海鮮系丼にトッピングをして食べてほしいですね。

ちなみに常連さんは“こんにちは~”と入ってきた瞬間に、メニューを告げているので、それをマネして頼むのもいいような気がします(笑)。

常連さんは、ランチ選択にブレがない印象。

ごはんは大盛無料&味噌汁おかわりOK+ドリンク付きで1000円でおつりがきます。

ここの味噌汁は、器がデカイうえに、超美味しいです。

出汁をちゃんと取っている美味しさ&具沢山。

あと、入口のドアがかなり低いので、気をつけよう。

気をつけようと思っていても、私は毎回帰り際に頭をぶつけています。

しかし角がガードされているので、痛くはなく、お約束のコントのようになっていて、けっこう笑えます。

頭上注意ね!











天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル