MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
スープカレーなっぱ(カレー/西天満)|旬の野菜12種以上がゴロゴロ入ったカレーは絶品!!

スープカレーなっぱ(カレー/西天満)|旬の野菜12種以上がゴロゴロ入ったカレーは絶品!!

旬の野菜12種以上が入った「鶏ざんまい」。鶏ガラと野菜で取った旨みたっぷりのスープに、スパイス7種、マジョラム、タイムなどのハーブを合わせて作ったカレーは、素材の滋味を活かした、鮮烈でキレのあるスープが特徴だ。

perm_media 《画像ギャラリー》スープカレーなっぱ(カレー/西天満)|旬の野菜12種以上がゴロゴロ入ったカレーは絶品!!の画像をチェック! navigate_next

スープカレーなっぱ(最寄駅:北新地駅)

フレンチ出身の店主が丹精込めて作る野菜が主役のカレー

そこに直火で炙った鶏モモや、外カリッ中ジュワ~な鶏皮餃子、さらに温玉、南高梅などが大集結! それぞれが素晴らしい味わいを奏でている。具材の豊富さに加え、野菜もそれぞれ茹で時間を変えるなど、手間暇を惜しまない店主の姿勢がよく表れたひと皿だ。途中、冷たく華やかな香りのフレーバーティーをはさんで口内リセットすれば、また新たなハーモニーが始まる。

鶏ざんまい
1200円

野菜、鶏肉、温玉などバリエーション豊かな具材が豪華にのって食べ応え満点。辛さは20段階から選べる。ご飯は大盛り無料、お替わりもOKだ

ラムラムラム(週替わり)
1500円

週替わりカレー。低温調理によるレアな仔羊肉がフレンチの顔を覗かせ、全体を包むほどよい羊の香りもスパイスに。ほか週替わりには、牡蠣、海老、オムライス風にチーズたっぷりの「とりとろり」などが。ツイッターで随時更新中

セットでつくアイスティー

お店からの一言

店主 中村和也さん

「平日の開店直後か、13時以降の来店がおすすめです」

スープカレーなっぱの店舗情報

[住所]大阪市北区西天満4-13-1 ほっとあわとく内 [TEL]なし [営業時間]11時15分~14時半(14時LO)※ランチタイム有 [休日]土 [席]カウンターあり、全11席/完全禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]JR東西線北新地駅11-41出口から徒歩5分


電話番号 なし

撮影/松浦稔 取材/加藤エリコ

2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル