MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
スプレンダー コーヒー(カフェ/浅草)ブルックリン風のお洒落なカフェ♪コーヒーや美味しい軽食が楽しめる☆

スプレンダー コーヒー(カフェ/浅草)ブルックリン風のお洒落なカフェ♪コーヒーや美味しい軽食が楽しめる☆

“浅草にあるブルックリンのカフェ”をイメージ。観光地から少し離れた場所のためか、地元客が多く、日常の延長にあるような気軽な雰囲気が何とも心地よい。

perm_media 《画像ギャラリー》スプレンダー コーヒー(カフェ/浅草)ブルックリン風のお洒落なカフェ♪コーヒーや美味しい軽食が楽しめる☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

スプレンダー コーヒー(最寄駅:浅草駅)

多彩なコーヒーがうれしい知る人ぞ知るリラックス空間

3種のブレンドのうち、最も深煎りのウェルターは、柔らかい甘みが広がるコクのある味わい。クラシカルなカップも、ほっと落ち着いた気分にさせてくれる。歩き疲れたときにおすすめなのは、カフェ・シェケラート。エスプレッソに砂糖と氷を入れてシェイクしたもので、ほろ苦さとまろやかな甘みがクセになる。軽食やお酒もあるので知っておくと重宝する一軒だ。

ウェルターブレンド、カフェ・シェケラート
540円、594円

コーヒーやエスプレッソは2杯目半額。違う味でもOK

特製ホットドッグ、キャロットケーキ
810円、432円

店主が惚れ込んだという『パンのペリカン』のふわふわもっちりのコッペパンと、『鎌倉ハム』のジューシーなソーセージがぴったり。キャロットケーキはレモンクリームチーズを添えてさっぱりと

本日の水出しコーヒー
648円

20時間ほどかけて落としたコーヒー。ボトルで提供される

スプレンダー コーヒーの店舗情報

[住所]東京都台東区寿4-13-10 [TEL]03-5830-3509 [営業時間]11時~19時(18時半LO)、祝10時~19時(18時半LO)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は営業) [席]カウンターあり、全25席/全席禁煙/予約不可(会議室スペースのみ可、有料)/カード不可/サなし [交通アクセス]都営浅草線浅草駅A1出口から徒歩2分、地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩3分


電話番号 03-5830-3509

撮影/瀧澤晃一、西﨑進也 取材/井島加恵

2019年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル