MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
お江戸 鎧せんべい 岩本米菓(和菓子/大井町)|駅から徒歩4分、70年間下町で愛されている老舗のお煎餅のお店☆

お江戸 鎧せんべい 岩本米菓(和菓子/大井町)|駅から徒歩4分、70年間下町で愛されている老舗のお煎餅のお店☆

暑い日に店を訪れると、奥の作業場でご主人がせんべいを焼いていた。現場は灼熱となり、その中での作業はかなりキツイ。

お江戸 鎧せんべい 岩本米菓(最寄駅:大井町駅)

70年間ずっと下町で愛される実直な仕事ぶり

しかも一枚、一枚焼き具合を見ては並べ替えるなどの手間がかかり、かなりの重労働だ。それでも手焼きにこだわるのは「やはり味が違う」から。創業以来、時間をかけて焼きと冷ましを繰り返し、焦がさないように芯までしっかりと火を入れるという製法を貫いてきた。そうすることでこの硬さが生まれるのだという。そうして焼いた堅焼きせんべいは、噛めば「カリリッ」と小気味よい音をたて、口の中に米の風味を残して、思いのほか口どけ良くふんわりと溶けていく。

手前から鎧せんべい、ザラせんべい、石垣焼き各1枚60円(税別)。すべて手焼き

家庭で焼くせんべい生地324円も販売

品川区のお土産に認定された品川あられ324円とレモン愛果324円。トマトチーズおかき540円も人気

お江戸 鎧せんべい 岩本米菓の店舗情報

[住所]東京都品川区大井1-20-13 [TEL]03-3771-9649 [営業時間]9時~18時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝/取り置き可/カード可/電話注文可 [交通アクセス]JRりんかい線ほか大井町駅西口から徒歩4分


電話番号 03-3771-9649

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2019年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
米農家が「上質な米を使って本当に旨いせんべいを作りたい」と昭和36年に創業。埼玉県産の米にこだわり、契約農家から玄米で仕入れ、生地から作っている。
「うちのおせんべいはクセがなくて食べやすいの」と店主の池澤さんはにっこり。シンプルな醤油に加えて、にんにく、胡椒、唐辛子などタネものが得意分野だ。
イートインもできる、若き店主の楽しい駄菓子屋。目玉はたい焼きと天然酵母パンとかき氷というミスマッチが面白い。
御霊神社の参道で約320年続く老舗和菓子店。名物の力餅は、御霊神社の力石に供えて参列者に分け与えたのが起源で、つきたての柔らかい餅に上品なこしあんをたっぷりのせたもの。
わらびもちの有名店で味わいたいのは、ちょっと珍しい温製。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt