MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_レモンゼリーを買いに行って、吉祥寺で超テンションが上がった件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(152)

吉祥寺グルメ情報_レモンゼリーを買いに行って、吉祥寺で超テンションが上がった件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(152)

自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_レモンゼリーを買いに行って、吉祥寺で超テンションが上がった件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(152) の画像をチェック! navigate_next

レモンゼリーを買いに行って、吉祥寺で超テンションが上がった件


4月~5月の“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。

パスタやカップ麺や冷凍食品が品薄なのは、私も理解できた。

しかしクラッカーとかチョコレートとか、ポテチまで品薄って、どーゆうことなの?と、スーパーの棚の前で茫然としたおっさん女子である。

そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリーである。

近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。

それで毎日のおやつは、白桃、マンゴー、ミックスフルーツなどのゼリーを食していたのですが、もっと美味しいのが食べたいなーと思ったおっさん女子は、意を決して吉祥寺の中心部に出かけていった。


そう、大好きなレモンゼリーを買うためである! 

イラスト/小豆だるま



私はレモネード(104回参照)やレモンパイ(100回)など、レモン系のドリンク&おやつが好きなのである。

そこでレモンゼリーですが、以前ご紹介したレモンパイの美味しい『L』(61回参照)にGOだ! 

なんたって、店名にレモンって入ってますから! 

ここのレモンゼリーは、とっても爽やか&酸味も上品なのである。

そして小さいんだよ、80g。

コンビニで見かけるゼリーが、だいたい160~200gっていう感じだから、小さい。

お値段はね、1個378円(税込)だよ。

高いんだよ……。

小さくて高い……。

ちなみに、パッケージもレモン感満載で可愛いよ。

さらにちなみに箱入りもあって、お土産にしたらいいんじゃね? という人気商品なのである。

まあ、私は6個の箱入りを自分で全部バクバク食べました……。

一気に2個食いもしたよ。

だって小さいんだもん。


いつもはアトレ吉祥寺の支店で買っている私だが、久しぶりに『L』の本店にレモンゼリーを買いに行ったときに、驚くべきものに遭遇したのである。

それは『L』の近くのメンチカツの行列がソーシャルディスタンス仕様になっていたことではありません……(苦笑)。

なんと2017年に閉店した『シャポールージュ』(16回参照)のお弁当が期間限定で売っていたのである。

この『L』と『シャポールージュ』は、経営母体がいっしょなんだよね。

ハンバーグやら、ロールキャベツやら、売っていて思わず大人買いをしてしまいました……。

しかもですね、なんとあのオレンジババロアまで売ってたんですよ。

私は思わず全部買い占めそうになりましたが、そこは大人になってつつましく1個にしておきました……。

レモンゼリーを買いに行って、懐かしのオレンジババロアにも遭遇できたので、超テンションがあがりました。

4~5月の間で最高潮にウレシイ! という気持ちになったのはこの時だと思います……。

なんだかささやかすぎて泣けてくるわ……、クーッ(笑)。


『シャポールージュ』のお弁当は期間限定なので、それこそ幻だったけど、とても美味しゅうございました。


しかし、かなり好評だったのか、予約&デリバリーで復活したらしい……。

詳しくは、グーグル先生に聞いて!









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル