MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
本とお酒、そして、旨い料理を堪能できる名古屋・錦3丁目『BOOK & BAR SPIN』/名古屋エリア限定情報(112)

本とお酒、そして、旨い料理を堪能できる名古屋・錦3丁目『BOOK & BAR SPIN』/名古屋エリア限定情報(112)

友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。

本とお酒、そして、旨い料理を堪能できる名古屋・錦3丁目『BOOK & BAR SPIN』


友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。

バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。


それが、名古屋・錦3丁目『BOOK&BAR SPIN(スピン)』。

その名の通り、店内には様々なジャンルの本があり、客は自由に読むことができる。


「私自身、本が大好きで自分で店をやるなら“本だらけのバー”、“本棚のあるバー”にしたかったんです。
自分の好きな本を持ってきて、ほかの人にも読んでもらおうと店に置いて帰るお客様もいます。
面白い本の情報交換の場になれば、と思っています」と、マスターの伊藤尚哉さん。


伊藤さんは、名古屋の老舗バーで11年間働いていた。

修業先ではフードにも力を入れていたため、料理をイチから学んだという。

ゆえに、ここのフードメニューも常連客から旨いと評判だ。


これは人気メニューの一つ、「チリコンカン」(1000円)。

玉ネギやセロリ、ニンジンなどたっぷりの香味野菜と、ブロックのベーコンや合い挽き肉、鶏挽き肉、ミックスビーンズを2日間じっくりと煮込んで仕上げている。



「数あるメニューのなかでも、いちばん仕込みが大変なのがチリコンカンなんです。
野菜がたっぷり入っているので、スパイシーな味わいの中に甘みと深みがあります」(伊藤さん)


「チリコンカン」とともに楽しみたいのが、10月31日(土)までの限定カクテル「フローズンサマーエナジー」(1200円)。

日本酒をベースに甘酒を合わせてあり、フローズン状のまったりとした口当たりが夏の暑さで疲れた身体を癒やしてくれる。


こちらは、「キューバサンド」(950円)。

サンドしてあるのは、豚バラ肉をキウイやライムなどでマリネしたモホローストポーク。

これがメチャクチャ旨い!


「キューバサンドは、『シェフ』という映画に出てくるのですが、無性に食べたくなって味を研究しました。
しっとりとしたモホローストポークとカリカリに焼き上げたパンの食感をお楽しみください」(伊藤さん)


最後に紹介するのは、伊藤さんイチオシのカクテル「マンハッタン」(1200円)。

ウイスキーとスイートベルモットを合わせた“カクテルの女王”だ。

「『マンハッタン』は、バーテンダーの数だけあると言われています。
私がたどり着いたのは、カナディアンウイスキー『クラウンローヤル』にスイートベルモットとアンゴスチュラビターズの組み合わせです。
苦みと甘みのバランスを重視した仕上がりになっています」(伊藤さん)


BOOK & BAR SPIN
[住所]愛知県名古屋市中区錦3-8-15 第2錦スカイビルB1
[TEL]052-265-5586
[営業時間]18:30~翌4:00
[定休日]日曜
 チャージ料:800円。








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt