MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
志美津や(そば/喜多見)2代続く老舗蕎麦店。数量限定粗挽き蕎麦の香りとのど越しを楽しんで♪

志美津や(そば/喜多見)2代続く老舗蕎麦店。数量限定粗挽き蕎麦の香りとのど越しを楽しんで♪

自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。

perm_media 《画像ギャラリー》志美津や(そば/喜多見)2代続く老舗蕎麦店。数量限定粗挽き蕎麦の香りとのど越しを楽しんで♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

志美津や(最寄駅:喜多見駅)

個性豊かな十割蕎麦を支えるふくよかな天ぷら

味わえる蕎麦は「小そば」「粗挽きそば」「十割そば」「田舎そば」の4種類だが、いずれも蕎麦粉十割で、打ち粉はさらしな粉だ。蕎麦つゆは、醤油に火を入れない「生返し」を使用。そのため天ぷらも「蕎麦つゆに負けない、やや厚めの柔らかい衣」(店主)にしている。ふわりとした優しい衣は、穀物の香りがしっかりと広がる蕎麦にそっと寄り添うような味わいがあり、どこか親しみやすい味。思わず酒が進んでしまいそう。

穴子天せいろ(写真は数量限定の「粗挽きそば」)
1600円

数量限定の粗挽き蕎麦は、どっしりとした香りとのど越しを併せもつ

そばがき
800円

粗挽きの蕎麦粉に水とダシを加え、ふわふわに練ったそばがき。生姜醤油でいただく

焼きみそ
400円

自家製味噌に抜き実や旬の香味(取材時はゆず)などを加え焼いたもの

小そば(土・日・祝のみ)
1100円


土日祝のみ提供、数量限定の「小そば」は奥出雲の横田地域でとれる希少な在来品種。皮ごと挽くため、独特の歯応えが特徴。長野の天然水仕込みで、野趣に富んだ風味ながらほんのり甘みを感じる

お店からの一言

店主 清水朗さん

「各地の蕎麦農家さんから玄蕎麦を仕入れ店内の大きな石臼で挽いています」

志美津やの店舗情報

[住所]東京都狛江市東野川4-13-5 [TEL]03-3489-0381 [営業時間]11時半~20時半(20時LO)※蕎麦がなくなり次第終了のことも ※ランチタイム有 [休日]毎月6・16・25・26日(土・日の場合は変更あり) [席]全24席/全席禁煙/夜19時まで入店の場合、蕎麦の取り置き可/カード・電子マネー不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]小田急線喜多見駅北口から徒歩12分


電話番号 03-3489-0381

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル