MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ロス・バルバドス(洋食(その他)/渋谷)スパイスの効いたヘルシーなアフリカ料理が旨い!

ロス・バルバドス(洋食(その他)/渋谷)スパイスの効いたヘルシーなアフリカ料理が旨い!

アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》ロス・バルバドス(洋食(その他)/渋谷)スパイスの効いたヘルシーなアフリカ料理が旨い!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ロス・バルバドス(最寄駅:渋谷駅)

個性的な食文化が花開く多様性が魅力のアフリカ料理

店主の上川大助さん、真弓さん夫妻が手がけるのは、中部アフリカのコンゴを中心としたアフリカ各地の料理。コンゴで欠かせない食材といえばキャッサバ芋。その代表料理が「ポンドゥ」だ。これは少し苦みのあるキャッサバ芋の葉を使ったスープ。キャッサバ芋は粉にして練ると、お餅のように伸びるフフという主食になる。この他にもアフリカ食文化を知るメニューが一杯。辛口のロゼワインを片手に、未知のアフリカの味を探検してみたい。

ボンドゥ&マデス フフセット、バオバブジュース

1600円、550円

キャッサバの葉はお茶の葉のような苦みが特徴。干した魚が入っている。豆をトマトと煮込んだマデスと混ぜて食べても美味しい。フフはちぎっておかずと一緒に  

クレオール・セット、ロゼワイン
1250円(レギュラー)、800円~

パリのマダガスカル料理店で食べたという思い出のメニュー。ミニ春巻きやサモサなどの盛り合わせ

ザンジバル・ピザ エッグ
850円

現地では小麦粉だが、ここではひよこ豆の粉で作る。フカフカの生地の中はベジミートフィリングが入っている

お店からの一言

上川真弓さん、店主 上川大助さん

「ワインの他にアフリカのお酒やラム酒も楽しめますよ!」

ロス・バルバドスの店舗情報

[住所]東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル104 [TEL]03-3496-7157 [営業時間]12時~15時、18時~23時 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターのみ、全8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩8分


電話番号 03-3496-7157

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
住んでいる街に旨い洋食屋があるのは人生を豊かにする大事な要素。蒲田にもありました、直樹さんの店『キッチン直樹』。
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル