MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レ・カカオ(スイーツ/五反田)|産地ごとのチョコを用いたケーキや焼き菓子が絶品のチョコレート専門店☆

レ・カカオ(スイーツ/五反田)|産地ごとのチョコを用いたケーキや焼き菓子が絶品のチョコレート専門店☆

人気ショコラトリー「ピエール・マルコリーニ」でのパティシエ時代に、チョコレートの奥深さに魅了されたという黒木琢磨さん。「カカオを見てナッツ香や酸の強さなどを想定し、目指すチョコレートの味を考えるのが楽しいです」。

perm_media 《画像ギャラリー》レ・カカオ(スイーツ/五反田)|産地ごとのチョコを用いたケーキや焼き菓子が絶品のチョコレート専門店☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

レ・カカオ

できる限りシンプルにカカオ豆の味わいを表現

タブレットは美味しさを大切にし、甘過ぎず苦過ぎない、滑らかな口溶けが特徴だ。そのチョコレートを用いたケーキや焼き菓子も幅広く揃う。カカオと素材のエレガントなハーモニーのほか、甘みや食感のバランスが秀逸なサブレなどには、正統派のフランス菓子に通ずる熟練の技が垣間見える。

タブレットチリリケ68%
(1枚) 980円

ペルーのチリリケで収穫された希少なホワイトカカオを68%使用。プルーンを思わせるフルーティーでほのかな酸味が広がる。甘さの中に心地よい苦みも

タブレットチュアオ72%
(1枚) 980円

ベネズエラの小さな村で獲れるカカオを使用。酸味や苦みが突出せず、バランスのよさが抜群。リンゴ系の香りや、ハチミツを思わせる穏やかでやさしい味わい

ボンボンショコラ
(6個) 2050円

左上から、パッションフルーツ、トンカ、カフェオレ、ミエル、ティーオレなど。定番のシンプルな組み合わせが多く、素材もほどよく主張するバランスが見事

マダガスカル
600円

マダガスカル産カカオのフルーティーな風味と甘酸っぱいベリーが好相性 

シューアラクレーム
480円

表面のキャラメリゼされたカカオ豆のほろ苦い甘さとカカオ風味のカスタードクリームがマッチした「シューアラクレーム」480円

お店からの一言

オーナー 黒木琢磨さん

「産地別のタブレットの食べ比べを楽しんでください」

レ・カカオの店舗情報

[住所]東京都品川区東五反田2-19-2 [TEL]03-6450-2493 [営業時間]11時~19時 ※ランチタイム有 [休日]火 [交通アクセス]JR山手線五反田駅東口から徒歩8分/カード可 イートイン/なしオンラインショップ なし


電話番号 03-6450-2493

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
先日「うどん弁当」を発表し、ネット・SNSを中心に話題を集めた『丸亀製麺」。次の一手はなんと「ドーナツ」!! しかもうどんを使ったものだということで、買いに行ってみました。
“飲むチーズケーキ”とは、その名の通り、チーズケーキをドリンクにしたもの。2018年頃にSNSに登場し、2019年に入って飲める店が一気に増えた。
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
フレンチの巨匠、アラン・デュカス氏のショコラ専門店。1階はタブレットやボンボンが整然と並んだブティック、中2階のル・サロンではデザートやドリンクを楽しめる。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル