MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
日本屈指のサバホテル!? 「銚子プラザホテル」で 「銚子極上さば料理」を堪能/至福の鯖百選[42]

日本屈指のサバホテル!? 「銚子プラザホテル」で 「銚子極上さば料理」を堪能/至福の鯖百選[42]

サバ水揚げ量日本一を誇る、千葉県銚子市。 そのなかでも最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバ「銚子極上さば」で銚子の町を盛り上げられないかと立ち上がったのが、地元の飲食店やホテルなどの有志で結成する「銚子うめぇもん研究会」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》日本屈指のサバホテル!? 「銚子プラザホテル」で 「銚子極上さば料理」を堪能/至福の鯖百選[42]の画像をチェック! navigate_next

日本屈指のサバホテル!? 「銚子プラザホテル」で 「銚子極上さば料理」を堪能


サバ水揚げ量日本一を誇る、千葉県銚子市。

そのなかでも最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバ「銚子極上さば」。

漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバだ。


銚子のサバの多くは、じつは加工品として利用されていた。

サバは地元では獲れすぎてありがたみのない「下魚」扱い。

そんなサバで銚子の町を盛り上げられないかと立ち上がったのが、地元の飲食店やホテルなどの有志で結成する「銚子うめぇもん研究会」だ。

銚子極上さば。
漁獲量のたった1パーセントという
貴重なサバは、会員自らが選別。
「サバが揚がった」と聞いたら、
会員が長靴をはいて漁港へ出動!


銚子に行かなければ食べられないサバ料理を、と目指したのが「サバの生食」。

サバは関東以北では、寄生虫対策のため、必ず冷凍する必要がある。

研究会ではこのステップに際して使用する「熟成塩タレ」を開発した。

このタレに漬けてから冷凍すると、解凍しても生と遜色のない新鮮な食感が味わえる。

そればかりか、なんとむしろ熟成して、生より美味しさに仕上がるのだ

研究会会員である、
渡邉義美さんが開発した
「熟成塩タレ」は、
カキ殻、香味野菜、海藻などを
素焼きの甕に漬け込んで作る。


研究会では、この「魔法のタレ」を極上さばに使用して「極上さば料理」を誕生させた。

「サバ刺し」は、新鮮そのもの。

加えて旨みあふれる熟成サバに変身している。


そんな存在も調理もミラクルな「極上」のサバ料理を通年楽しめるのが、研究会会長の大木乃夫恵さんが専務を務める「銚子プラザホテル」。

レストラン「廣半」では、極上さば料理コースをはじめ、極上さばを使ったさまざまな料理を堪能できる。

銚子プラザホテル「廣半」の極上さば料理。



銚子プラザホテルは1949年創業。

銚子駅前に位置し、観光客だけではなく地域に根差したホテルとして、式典、パーティ、婚礼などでも多く利用され、銚子では欠かせない存在だ。

銚子プラザホテル。
2013年に全館リニューアル。
銚子駅から徒歩2分とアクセスも便利。


「もともとは、『廣半』という名前の料理旅館でした。

結婚式を多くやっていたこともあって地元の方はよくご存じだったから、ホテルになってからもレストランで名前を残したんですよ」(大木さん)


1987年に近代的なホテルにリニューアル。

「当時は、イワシが豊漁で羽振りのいいひとたちがたくさんいて(笑)。

結婚式や宴会が本当に多かったわね」と振り返る大木さん。

銚子プラザホテル専務・大木乃夫恵さん(中)、
ジェンヌ、全さば連鯖TUBEでおなじみの「まーちゃん」。
大木さんはもともとは高校の英語教師。
結婚を機にホテル業へ。
銚子愛、サバ愛を胸に、
日本各地で開催された「鯖サミット」にも参加。


しかし、時代は移り変わる。

年々、銚子を訪れる観光客も減ってきた。

「なにか特色のある試みが必要だ」と大木さんは感じていた。


「廣半は懐石料理を提供する『正統派』の和食レストラン。これといった特色がありませんでした」と大木さん。

「銚子らしいものにも特化していなかったですね。旬のイワシを提供しているお店に行列ができて賑わっているのを見て、いいなあ、うらやましいなあと思っていたわね」

そんな大木さんの前に、いきなり現れたのが「サバ」である。

熟成塩タレを開発した渡邉義美さんとの出会いから、銚子うめぇもん研究会に参加。

「銚子からサバ食文化を発信しよう」という活動に取り組むようになった。


そして、ようやく完成した極上さば料理。

もちろん、我が廣半でも提供! と準備を進めたが、ことはそう簡単ではなかったらしい。


料理人たちは言った。

「なんでサバ!?」

和食の世界で修業をつんだ料理人たちにとって、扱う魚といえばマグロやタイやひらめなど。

大衆魚・サバはもってのほか。

「現場から猛反対されました……」と大木さん。

仕方あるまい。

「美味しい銚子のサバを世に出したい!」という想いのもとに大木さん、いきなりの板前化。

なんと自ら調理して提供をスタートしてしまったのである。


当初、銚子市民からは「なんだサバか」とつれない反応だったが、研究会の猛烈なPR活動もあって、メディアに取り上げられるようになり県外から訪れるお客さんが増えてきた。

次第に地元の人々も訪れ、「美味しい!」と話題をよびお客さんは急増。

リピーターも続出! 

ついに廣半には、大木さん念願の「行列」ができるようになった。

サバの実力に開眼したスタッフたちも、一眼となってサバ料理を追求するようになった。

銚子プラザホテル「廣半」。
ランチも「鯖漬け丼」「鯖塩焼き定食」
「鯖の味噌煮定食」なども提供。
毎年7月ごろには脂のりたっぷりの
「入梅イワシ」のコース料理も楽しめる。


2017年には「鯖サミットin 銚子」が開催された。

サバをめがけて押し寄せた人々は3万5000人! 

「あれからやはり、銚子のみなさんのサバへの想いが変わってきたように思いますね」と大木さん。

いまでは市内でサバグルメを提供する店も増え、やっとサバは銚子で市民権を得たらしい。

そんな起爆剤となった「極上さば料理」をご紹介しよう。

ジェンヌさん、何度もいただいているけれど、ともかく美味しい!

極上さばの刺身

熟成塩たれで仕上げた刺身は、しっかりした食感、とろける味わいで新鮮そのもの。

そればかりか、タレに漬けることで熟成したサバは生を超える衝撃の味わい!

安心・安全でとろける味わいだ。 

銚子醤油の漬けさば


銚子特産の濃口醤油をベースに、カツオブシなどを加えた特製のタレで漬けに。

甘さがなくキリリとした「いさぎよい味わい」で、お酒がすすむ!

秘伝さば味噌煮


だし醤油で煮てから白味噌、田舎味噌で味付けと手間ひまかけた逸品。

サバのバツグンの脂のりのよさをいかした、なめらかな美味しさ。

極上さばのつみれ汁


ふっくらやさしいつみれの味わいと、身体にやさしく染み入るようなサバの旨みが加わった汁がたまらない。

極上さば寿司


ジェンヌさんイチオシの「極上さば寿司」。

身がしまりすぎず、ふんわりした食感で、酢飯と一体となってとろけるような舌触り。

ジェンヌ的に言うと「サバ寿司界のシフォンケーキ」! 

プレーンな「鯖寿司」、甘く煮たしいたけとガリがアクセントになった「焼き鯖寿司」、ゆず酢を使ったシャリがさわやかな「鯖寿司 ゆず風味」の3種類。

鯖寿司。ときめくまでの「とろふわ」。
全鯖寿司ファンに食べていただきたい!


銚子駅でも完売となる人気の鯖寿司は、いまや銚子プラザホテルの大ヒット商品だ。

銚子プラザホテルも、今年は新型コロナウィルスの影響で宿泊客は激減、宴会は中止と大打撃をこうむった。


そんな状況を支えてくれたのは「サバ」だと大木さん。

通販などで展開している、鯖寿司をはじめとするサバ商品の売れ行きは、いたって好調だったからだ。

「サバというウリがあったからこそです。秋からは多くのお客様がサバを食べにきてくださってね。あのままなんの特色もないレストランだったとしたら……。ほんとうに『サバ様」です」


そして今年、大木さんは新たなサバ商品を開発した。

「燻製さばのオリーブオイル漬け」だ。

「燻製さばのオリーブオイル漬け」。
ふるさと納税商品としても人気。


「これまで洋風のサバ料理がなかったので、何かできないかと思って」と大木さん。

商品名だけを見ると、たんなる「おしゃれ系洋風サバグルメ」のように思えるかもしれないが、とんでもない!

使っている極上さばは「1キロアップ」! 

もちろん「熟成塩タレ」を使用。

タレに漬けてから燻製し、ニンニク、鷹の爪などとともにオリーブオイルに漬け込む。

ひとつひとつの切り身が大きい!! 食べ応え十分。
なのに、あまりに美味しくて止まらなくなり、ひと瓶一気に食べたジェンヌ……。


ひと口食べてみる。

えっ!?

とろふわ! 

燻製してあるのに、とろとろ。

そして燻製してあるのに身がふっくら。

「スモーキーで、とろふわ」って。 

これも熟成塩たれの成せる技! 


かつて体験したことのない、ミラクルなサバの燻製! 

ジェンヌ的に今年のサバ商品ミシュラン5つ星! 

絶品です! 

ハイボールやウイスキーなどのお酒にもぴったり。


この商品の凄いところは、「『オイル』までとんでもなく美味しいことです」と大木さん。

「パスタなんかに使うと、そりゃあもう美味しいのよ」と興奮気味に語る大木さんは、さっそく廣半初の洋風メニューの提供をスタートした。

「燻製サバの和風ペペロンチーノパスタ」である。

厨房スタッフと試作を重ねた自慢のパスタは、燻製さばのオリーブオイル漬けと銚子特産のキャベツを炒めてオイルを絡め、隠し味にめんつゆを少々加えて仕上げる。

うわー! 

すさまじいまでのサバのコクが、キャベツにもパスタにもしみわたって、一気食い間違いなしの美味しさ。

「燻製サバの和風ペペロンチーノパスタ」。
めんつゆをちらりと入れるのがポイント。ぜひおうちでもお試しを!


同じくサバのオリーブオイル漬けを使った「燻製サバドリア」も開発。

お米の上に燻製サバのオリーブオイル漬けとネギ、まいたけを具にしてホワイトースをかけてチーズをのせて焼き上げる……と、作り方を字面にするとなんだかとってもこってりしていそうだけれど、こーれーが!

ただただ、すさまじいまでのサバのコクがホワイトソースやチーズと融合して、華やかなふくらみのある味わいに! 

しかもスッキリ! 

サバのいいところしか出てこない味わいなので、これまた一気食い間違いなし!

「燻製サバドリア」。
こちらもめんつゆが隠し味。クリーミーな燻製サバも最高!


2020年12月5日(土)~2021年1月31日(日)には、「第11回銚子極上さば料理祭」が開催される。

銚子プラザホテルをはじめ、加盟店にて「極上さば料理コース」を堪能することができる。

銚子市をはじめ、旭市、茨城県神栖市の飲食店6店舗にて「極上さば料理コース」
(極上さばの刺身、銚子醤油の漬けさば、秘伝さば味噌煮、極上さばのつみれ汁、
 極上さば寿司、デザート)のセットを提供<3600円 税別>。
コース料理提供店舗と銚子市・ひもの工房「あてんぼう」では「極上さば」の干物も販売。


料理祭の時期は、銚子プラザホテルにも毎年、日本各地からサバを楽しみに訪れるリピーターのお客さんが多いという。

なんと「九州からのお客様もいらっしゃるんですよ」と大木さん。

もはや、全国屈指の「サバホテル」だ。


そうそう。

今年の年末年始の予定を考えているあなた、銚子といえば「犬吠埼」。

サバ料理でカウントダウン、日本一早くのぼる初日の出を見て、「サバはじめ」はいかが?


★銚子プラザホテル
https://www.choshiplaza.com/
※鯖寿司、サバの刺身用フィレ、味噌煮、つみれ汁、燻製さばのオリーブオイル漬けなどのサバ商品はHPから購入可能。

★銚子極上さば料理祭
https://sabalover.jimdofree.com/

■全さば連youtubeチャンネル『鯖TUBE』にて
「いい鯖 夢気分~銚子編~」公開中
https://www.youtube.com/channel/UCmnJoTocAILYsws_Evm_MDg

撮影/木村雅章(全さば連 公式サバフォトグラファー)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
池田 陽子

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。 ■サバに関する情報をみんなでシェアする「全さば連Facebookグループページ」がスタート。サバ関係者、そしてサバファンの方々、どなたでも参加可能。

関連記事
2021年のサバ缶トレンドは「進化系」! 口を酸っぱくして言い続ける、我らがサバジェンヌが今回紹介するのは、100年以上の歴史を誇る缶詰製造メーカーによる新商品。その昔TVドラマで取り上げられ大ブレイクした「サバカレー缶」のメーカーです。
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
スーパーへ行くとたくさん陳列されている「サバ缶」。最近では“進化系”が増えており、中でも「サバカレー缶」の勢いがすさまじいのです。特に強烈な個性を放つものをサバジェンヌが偶然発見! あまりの美味しさに、なんとメーカーへ突撃取材を試みました!
東京・仙川に日本初のサバサンド専門店がオープン。しかも「スモークサバサンド」。さらに作っているのがバーテンダーで、ウイスキーを使っているのです。そのウイスキーがまたラフロイグというから、いろいろ気になりすぎます。そんな話題性十分のサバサンドをサバジェンヌが実食!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル