MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
伊・越・韓 サンドイッチで「世界の味」めぐり

伊・越・韓 サンドイッチで「世界の味」めぐり

2021年3月号の『おとなの週末』にて、東京で楽しめる「世界のパン」14カ国の味を食べ比べ! その中から、手軽に注文できて春のブランチにもぴったりのサンドイッチ3選をお届けします。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

[イタリア]ドッピア|フォカッチェリア アルタムーラ(神楽坂)

フォカッチャの味をより際立たせるハムとチーズの組み合わせ

ドッピア(580円)

都内唯一のフォカッチャ専門店が作る、温かいサンドイッチが「ドッピア(2倍の意味)」。

オリーブオイル入りの平パンにボローニャハム(モルタデッラ)とモツァレラチーズを挟んだもので、ハーブの風味がほんのり薫る。

[住所]東京都新宿区山吹町5
[電話]03-6265-3842
[営業時間]月〜木9時半〜15時、金・土9時半〜22時半 (品物によって売り切れの場合あり)
[定休日]日
[交通]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口より徒歩5分

※本誌『おとなの週末』2021年3月号P44に記載の「月・火10時〜17時 水~土10時〜21時 定休日:日・祝」は誤りでした。
上記に記載されている情報が、正しい営業時間・定休日です。関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます。

[ベトナム]バインミー|nico★バインミー(人形町)

パリパリッと心地よく噛み切れるベトナム式のサンドイッチ

ベトナムハムとレバーペーストのバインミー(650円)

パンを意味する「バインミー」は「サンドイッチ」と同義語。

店内で毎日焼き上げるパンは米粉を配合したバインミー専用のパンで、外は香ばしく中はサクッと軽く柔らか。しっとりとしたハムと一緒にパリッとひと口で噛み切れて、驚くほど食べやすい。

[住所]東京都中央区日本橋小舟町11-3 大村ビル1階
[電話]03-6339-6664
[営業時間]11時〜16時(売り切れ次第終了)
[定休日]月・日
[交通]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩5分

[韓国]屋台トースト|HAPPY EGG(新大久保)

ふわふわ卵がはみ出した、若者に人気の韓国ホットスナック

タッカルビエッグ(500円)

テイクアウト用の人気スナックのひとつ。

鉄板で溶かしバターと共に食パンとプレーンオムレツを焼き、タッカルビ(甘辛いタレで炒めた鶏肉)をあわせて挟んだもの。熱々チーズソースが垂れてきて、あわてるまでが味のうち(笑)。

[住所]東京都新宿区大久保1-16-16 祥栄ビル 1階
[電話]03-3202-2400
[営業時間] 9時〜18時
[定休日]不定休
[交通]JR山手線新大久保駅から徒歩5分

本誌『おとなの週末』2021年3月号では、ほか11か国、計14か国のパンを紹介中! お出かけシーズンにも活躍する、テイクアウトパンの三ツ星店を要チェックです!!

撮影・取材/赤谷まりえ ※店のデータは、2021年2月号発売時点の情報です。



※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
最新記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル