MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar Shanks|軽いからこそ味わえる渾然一体の旨さに注目(ハンバーガー/参宮橋)

Bar Shanks|軽いからこそ味わえる渾然一体の旨さに注目(ハンバーガー/参宮橋)

もともとワイルドでボリューミーな「スモーキーチーズバーガー」が絶大な人気。ところが、それをスッパリやめての新作というから驚きだ。剛腕パンチから、軽やかな旨さにこだわって誕生したのが、この「オリーブバーガー」。Bar Shanks(バーシャンクス)[交]小田急小田原線参宮橋駅から徒歩1分

Bar Shanks(最寄駅:参宮橋駅)

 もともとワイルドでボリューミーな「スモーキーチーズバーガー」が絶大な人気。ところが、それをスッパリやめての新作というから驚きだ。剛腕パンチから、軽やかな旨さにこだわって誕生したのが、この「オリーブバーガー」。 特注のバンズにはオリーブオイルが練り込んであり、パティは岩中豚。これを塩、コショウとオリーブオイルで焼いている。パクリとやると、ジュワッとにじむ肉汁とチェダーチーズが一体化したあとに、オリーブのいい香り! スライスされたトマトの酸味やポテトの軽い甘みも重層的。この香りと完成度、一杯やるにもたまらんゾ!

オリーブバーガー
シングル500円(ダブル700円)

オリーブバーガーのアレンジ版、通称テントバーガー。バーガー袋をかぶせた状態で1分燻製。そのまま袋に包んで食べれば、心地よくスモーキーなオリーブバーガーが完成する

鯖のバレンシアタブレ
(600円)

クスクスとしめ鯖、野菜が3層になった彩りも楽しいサラダ。おつまみにも、ちょっとお腹が空いたときにも。

Bar Shanks

東京都渋谷区代々木4-1-5 参宮橋駅前ビル2階  ☎03-3374-7374 [営]18時~翌2時LO(土~23時LO) [休]日 [席]テーブル6席、カウンター6席、計12席/全席喫煙可/カード可/予約可/チャージなし [交]小田急小田原線参宮橋駅から徒歩1分

電話番号 03-3374-7374
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt