MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラッテリア べべ カマクラ(イタリアン/鎌倉)チーズ工房併設の出来たてチーズも楽しめる古民家レストラン☆

ラッテリア べべ カマクラ(イタリアン/鎌倉)チーズ工房併設の出来たてチーズも楽しめる古民家レストラン☆

「ラッテリア ベベ カマクラ」は、鎌倉駅近くの路地の奥にある古民家レストラン。チーズ工房を併設し、出来たてチーズとともに、店内の専用窯で焼くナポリピザを味わえる店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ラッテリア べべ カマクラ(イタリアン/鎌倉)チーズ工房併設の出来たてチーズも楽しめる古民家レストラン☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ラッテリア べべ カマクラ(最寄駅:鎌倉駅)

チーズは鮮度が命! その美味しさを実感できる店

こういう時の私の行動は早い。翌週には鎌倉にまで足を延ばし、店内のカウンター席に陣取った。
オーダーしたのは、友人宅で食べたモッツァレラの感動を再び味わいたく、「出来たてモッツァレラとリコッタチーズ」。ピザは、初めての店ではこれと決めている「マルゲリータ」だ。


モッツァレラは、前回よりさらにミルク感があり、しゃきっとした歯切れの良さに驚かされる。ほのかな甘みを感じるリコッタチーズは、そのまま食べると濃厚なミルクプリンのよう。目の前のピザ窯から届くピザはというと、フチまでしっかりと旨みがあり、冷めても美味しくビールが進む。


この店は、イタリア・ナポリでピザ作りの修業をしたお兄さんの山崎健太郎さんと、プーリア州でチーズ作りを学んだ弟の大志郎さんが2015年にオープン。チーズ作りを担当する大志郎さんにお話を伺った。
「プーリア州では、フレッシュチーズは日本のお豆腐のように、毎日買って食べるもの。そんなイタリアの日常を、感じてもらえたらうれしいですね」


現在、作っているのはモッツァレラ、リコッタのほかに、ブッラータなどのフレッシュチーズが中心だが、「いずれは熟成チーズにも挑戦していきたい」と大志郎さん。私が愛してやまない、“鼻を寄せてクンクンしたくなる”チーズが誕生する日を、今か今かと待ちわびている。

出来たてモッツァレラとリコッタチーズ
1200円

モッツァレラは、ミルク感たっぷりなのにすっきりとした後味。リコッタは、ミルクのほのかな甘みが感じられる。ハチミツやジャムと相性がいい

プーリア州名産ブッラータとトマトのマリネ パルマ産生ハム添え
1800円

バターを思わせる濃厚なチー
ズの旨みが、生ハムの塩気をさら
に引き立てる

ピザ付きランチコース
1400円~

自家製チーズを使った10種類から選べるランチコースのピザ。フレッシュとは異なる味わいを楽しみたい

リコッタ(テイクアウト)
460円(120g)

チーズはテイクアウトも可能

ラッテリア べべ カマクラの店舗情報

[住所]神奈川県鎌倉市御成町11-17 [TEL]0467-81-3440 [営業時間]11時~21時LO ※ランチタイム有 [休日]月(※月が祝日の場合、営業 翌日休)・不定休 [席]カウンターあり、全40席/全席禁煙/予約可/カード不可 [交通アクセス]JR横須賀線鎌倉駅西口・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩2分 ※非常事態宣言発令中は、レストラン、オンラインショップとも休業中 ※価格はすべて税抜価格で表記しています。


電話番号 0467-81-3440

撮影/岡野朋之 取材/永田さち子

2020年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
ショーケースの中には、ティラミスはもちろん、モンテビアンコやカンノーリなどのイタリアの伝統菓子、伝統をベースにモデファイされたオリジナルのケーキも並ぶ。
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル