MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
定食屋使いで楽しみたい 町蕎麦の名店(2)-カレー編-

定食屋使いで楽しみたい 町蕎麦の名店(2)-カレー編-

端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。

perm_media お店の雰囲気も見られる、町蕎麦のカレーを画像でチェック!! navigate_next

『松登久』@池上

鶏と和ダシが織りなす深い深いコクと旨み、ただものではない

カレー丼(800円)
重たくないカレー丼を、と選んだ具が岩手産「菜彩鶏」。柔らかく臭みがない。カレー全体が上等なあんかけのようで、するする胃に収まる

最寄りの池上駅から徒歩15分。初めて訪れた日は「遠いなぁ~」と思った。が、そんなボヤキは「カレー丼」を口に運んだ瞬間どこへやら。

こ、これは……!? 口いっぱいに広がる、深い深いダシの余韻。一般的にカレー丼には豚肉を使う店が多いが、こちらは鶏のムネ肉。和素材のダシとチキンのコクが合わさり、得も言われぬ旨さに引き込まれる。

創業は昭和37(1962)年。白めに仕上げた更科系の蕎麦の実力はもちろんのこと、カレー丼のほかに欧風カレーライスがあったり、豚骨からスープをとるラーメンもめちゃ旨だったり。並の定食屋より多彩なのでは?

これまでの蕎麦屋の固定概念を、素敵に覆されてしまった。

鴨南ばん(950円)
温蕎麦の人気は仏産品種マグレ・ド・カナールの鴨南蛮。濃厚な脂のコクがやみつきに

もり(550円)
ツユはやや辛口のキリリとした味わい

右:3代目 佐藤昌宏さん
中央:女将 佐藤ヒメ子さん
左:窪田充子さん(娘さん)

[住所]東京都大田区中央7-15-11
[電話]03-3754-2222
[営業時間]11時~14時半、17時~19時半
[休日]水
[交通]東急池上線池上駅から徒歩15分

『東嶋屋』@入谷

幸福の花咲く黄色いカレーに魅せられる

ライスカレーセット(930円)
味の決め手はカレーペースト。小麦粉、カレー粉、ラードを合わせたものだが、それ以外は企業ヒミツ。具は豚バラ肉と玉ネギのみ。お好みでウスターソースをかけて味の変化を楽しんで

運ばれてきた瞬間、パァッと明るい気持ちになる。とろとろツヤツヤ、黄色いカレーがたっぷりかかった丼。明治25(1892)年創業『東嶋屋』のアイドル的人気メニューだ。

蕎麦屋のカレーはツユをそのまま使うことが多いが、こちらはかえし醤油と合わせる前の一番ダシで仕上げる。旨みや塩気が突出することなく、まん丸の円を描くとでも言おうか。蕎麦は江戸前の二八でのど越しが素晴らしく、カレーの後口をさっぱりさせてくれる。

「幸せの黄色いカレーと呼ばれて、うれしいやら恥ずかしいやら」と、女主人の尚子さんのハニカミ笑いもチャーミング!

天ぷらそば(1000円)
約20cmサイズのエビ天のド迫力!揚げたてを投入する際のジュワ~音をお聞き逃しなく。エビ天は1本500円で追加もできる

ライスカレー(710円)
カレーは単品で頼むと平皿で提供される。注文後に一品ずつ丁寧に調理するため、提供までに時間がかかることも

店主:中尾尚子さん

[住所]東京都台東区竜泉1-29-3
[電話]03-3872-6261
[営業時間]11時15分~14時半LO、17時半~19時半LO
[休日]日・祝
[交通]地下鉄日比谷線入谷駅3番出口から徒歩6分

町蕎麦屋はファミレスのような存在であるべし?

前回は蕎麦屋のカツ丼の魅力を紹介したが、カレー好きの人もまた、どこへ行ってもカレーを頼みがちな傾向にある。牛丼屋で、中華料理屋で、そして蕎麦屋でもカレーに飛びつく。

丼物と同様、和ダシの利いたカレーは蕎麦屋ならではの美味しさだ。何というか、ホッと帰ってきたような安堵感がある。とあるカレー評論家が『東嶋屋』のライスカレーを「世界一旨い」と称したらしいが、ナルホドと納得した。

欧風カレーや凝ったエスニックカレーを食べ歩くと恋しくなるのだろう。子どものとき、カレー粉と小麦粉で作るお家のカレーを知る私にとっても、蕎麦屋のカレーは有無を言わさぬごちそうなのだ。

そして、大きな視点に気付かされたのが『松登久』だ。カレー丼に感動したが、品書きに「カレーライス」があるので違いを訪ねると、そっちは蕎麦のダシを一切使っていない(!)香辛料ビシバシ系だという。

町の蕎麦屋の役割はファミレスと同じ。定食でも中華でも、要望があれば何でも作りますよ」。

蕎麦屋の受け皿は、かくも広く深い。

撮影/小島昇(松登久)、石井明和(東嶋屋) 取材/林匠子
※店のデータは、2020年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル