MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
丸亀製麺攻めすぎ! うどんを使ったドーナツが爆誕、しかも美味しい

丸亀製麺攻めすぎ! うどんを使ったドーナツが爆誕、しかも美味しい

先日「うどん弁当」を発表し、ネット・SNSを中心に話題を集めた『丸亀製麺」。次の一手はなんと「ドーナツ」!! しかもうどんを使ったものだということで、買いに行ってみました。

perm_media 丸亀製麺のドーナツを画像でチェック!! navigate_next

ドーナツを買える店舗は全国に2軒だけ

「丸亀うどん弁当」を発売日当日に買って食べて記事にしたワタクシに、本誌ライターさんから新たな丸亀製麺情報を教えていただいた。

それがなんと、丸亀製麺にドーナツが売られているというのです。弁当といい、最近の丸亀は攻めてる。コロナ禍において、どうしても意気消沈してしまうところを攻めに転ずる姿勢は素晴らしい。

調べたところ、ドーナツが売られているお店がわずか2軒しかなく、神奈川の川崎と、埼玉の戸田。幸いにも埼玉在住ってことで、県境をまたがずドーナツを買いに行ける戸田へ向かいました。

戸田市に2軒あるうちのひとつ『丸亀製麺戸田』。北大通り沿いにあります

のぼりも出ていました

SNSを見ていると、早い時間に売り切れることが多い様子。行って売ってなかったってのも困るので、開店の11時にお店へ到着。その日3番目の客として入店しました。

本来ならうどんを注文したり、天ぷらをのせたりしてワクワクする時間なんですが、それらを華麗にスルーしてドーナツがある場所へ一直線。

天ぷらの隣、レジ横に「ドーナツ」を発見!!

天ぷらの横に突如としてドーナツが登場。張り紙を見ると「丸亀製麺のうどんが57%はいった」と書いてあります。うどん粉ではなく、うどん。さすがにうどん粉を混ぜ込んでいるということだと思うのですが……どうにも想像を掻き立てる食べ物です。

しかもお値段が期間限定価格とはいえ、5個入り100円〜とは安い!!

ドーナツがてんこもり

フライの横にドーナツ。確かにドーナツも揚げ物ではある

プレーン、シュガー、ココアを1種ずつ買ってお会計を済ませます。

「うどんで作ったシャカシャカドーナッツ」。
味はプレーン、シュガー(各100円)、ココア(130円)の3種類

「袋はあちらにあります」と示された場所へ向かうと、ここにもドーナツが!!
しかもこちらは、お金を箱に入れる「無人販売所」スタイル

田舎の野菜販売所を思わせる販売方法

うどんを食べたあとに買うことができるようになっているのはうれしいですね。そこにちょうど店長らしい方がいたので、少し質問。

ドーナツはやはり人気で、すぐになくなってしまうとのこと。時間としては、土日で14時頃でもう少し早いことも。そんなこともあり、この日は多めに作り、万全の体制で臨んでいるとおっしゃっていました。確かに数は多かった。

もっちもちの生地にハマる!!

さて、持ち帰って実食。商品名通り、袋をシャカシャカっとして袋から出します。見た目は素朴。ひと口サイズで、ちょっと大きなたこ焼きくらいかな。

ココア(左奥)、プレーン(右奥)、きなこ(手前)

まずは、プレーン。パクっと口に入れて噛むと、モッチモチ! うどんを使っているだけはあります。はむっと噛むような食感で、ミスドのポンデリングをよりもちもちにした感じというとわかりますでしょうか。

プレーン

もともと甘みのある生地ですが、外側に絡まる砂糖がアクセントになってより甘みをたたえます。

いやぁ、想像以上に美味しい!!

きなこ

続いては、きなこ。プレーンよりもやさしい甘さ。ほんのりきなこの風味がして、生地自体の甘さを感じます。和テイストなのできなこもちのようです。

ココア

最後に、見た目の黒さからして異彩を放つココア。ちょい甘、ちょいビター。糖分がほしいときにはこのフレーバーを食べたい。

1袋に5個入っていましたが、ひと口食べると、次、次と手が止まらず。正直、1袋では足りないレベル。ちょっと中毒性があります。なぜ2袋ずつ買わなかったのか激しく後悔しました。

とはいえ、うどん(うどん粉?)が入っているからか腹持ちもいいです。間食はもちろん1食でもいけそうです。そして、このクオリティで100円って!! 丸亀はん、期間限定価格とはいえ、安すぎまっせ!

いち早く取り扱い店舗を増やしていただきたい。楽しみにしております。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
戎@おとなの週末

うどんと鶏肉とクラフトビールを愛する、本誌・Web兼任編集者。Webサイトを多くの人に認知していただくべく、ノートランキーロで爆進中。アラフォーになり、体重が落ちなくなってきているのがちょっとした悩み。胃弱ゆえ、脂の多い料理に負けることがしばしば。

関連記事
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
ハワイ・マウイ島から2019年7月に日本初上陸。元ミシュラン星付きレストランのシェフだったというグレン・シムキンズ氏のレシピで作られた、オーガニック&非乳製品のココナッツアイスクリームが味わえる。
北海道の酪農家のアンテナショップとして、2019年3月オープン。北海道の生乳で作られた牛乳や乳製品を扱い、随時入れ替わりながら約50種類が店頭に並ぶ。
SNSの隆盛も相まって、旬の果実をふんだんに使った”映える”フルーツスイーツの人気が加熱しています。今回は噂のフルーツサンドをご紹介!
暑~い夏、とくれば食べたくなるのがアイスクリームやジェラート。イタリア発の濃厚ジェラートから、日本ならではの日本酒アイスまで、ざくざくご紹介しちゃいます。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル