MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「苦い食材」で 「閃き」や「直感」を磨いちゃおう!|2021年7月の開運メシ

「苦い食材」で 「閃き」や「直感」を磨いちゃおう!|2021年7月の開運メシ

マスク生活にもだいぶ慣れてきたけれど、思わず「暑い〜」という言葉が口をつくこの季節。さらに7月は「太陽」「光」の象意をもつ九紫火星が司るので、天候だけでなく運勢にも強烈な光が降り注ぎ、私たちの頭上を照らすことに。でもこの光は「閃き」や「直感」「気づき」をもたらしてくれる。そんな九紫火星の気をゲットするには、夏にぴったりのあの苦い食材がオススメ!

perm_media 写真で2021年7月の開運メシをチェック!! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年7月の全体運

真夏の太陽のように、九紫火星の強烈な光が
人間の上にスポットライトのように降り注ぐ7月。

いつもよりちょっと目立つ場面が増えたり、
自分を上手にアピールすることができる中で、
頭上で電球がパッとフラッシュするように、
何かに「ハッと気づく」瞬間がありそう。

この「閃き」「直感」が次のステージへの扉を開くきっかけに!

ただし、光があればそこには必ず闇も出現する。
自分の外側と内側に存在する闇。
引きずられないためには、
ネガティブに陥らない「心の明るさ」がポイント!

「苦味」食材で「閃き」と「直感」の気をゲット!

7月、九紫火星によって強烈な光が私たちの頭上に降り注ぐ。スポットライトのように本人がフィーチャーされることもあれば、その光が内側に作用して、これまで見えなかったものに目を向けることをサポートしてくれることも。

それは何かに「ハッと気づく」、「ピピッと閃く」というイメージ。「仕事上の企画やアイデア」だったり、「新しいことへの挑戦」や「誰かと連絡をとること」だったり……。7月はこの「閃き」や「直感」を無視せずに意識し、行動へとつなげていくと新しいステージの扉が開くことに!

そんな九紫火星の「気」のサポートを得るには、「ゴーヤ」「ピーマン」「モロヘイヤ」「ほうれん草」などの「苦味」のある緑の野菜たちがオススメ!

そもそも「苦味」は、野菜自身が虫や動物に食べられるのを防ぐために手に入れたものだが、人間にとっては「気分をすっきり」させたり、「ストレスをやわらげる」作用があるとされている。「閃き」も「直感」もコンディションが整っていてこそ!

ぜひ「苦味」を武器に7月を過ごしそう!

7月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

ゴーヤちゃんぷるぅ

『琉球小料理 つぼや』のゴーヤちゃんぷるぅ

苦味食材「ゴーヤ」の王道メニュー「ゴーヤチャンプル」で、九紫火星の気を存分にチャージしよう!

ピーマンの肉詰め

『グリル・ナカムラ』のピーマンの肉詰め

こだわり精肉店の本気のお惣菜。苦味食材は夏バテ防止にも。健康な体に直観力は宿る!

なすチキンカレー

『curry 草枕』のなすチキン

苦みのある夏野菜とスパイシーな香辛料の組み合わせが運勢的にも絶妙マッチ! 頭も体もすっきりと!

九星別 7月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



運気の新しい流れと環境にも動きが出てきそうな7月。
それは自分ひとりでは抱えられないような大きなものだったり、
これまでになく胸おどることだったり……。
とにかく自分の予想を超えるものがやってくる予感。
一白水星は「水」のように
どんなカタチにでも姿を変えて柔軟に対応できる一方で、
ただ「流される」だけになってしまう可能性も。
今月は、外側の状況に振り回されず
強い意志を持って物事に当たろう!

7月は、人とのコミュニケーションを楽しむ1ヶ月に。
直接会える人、デジタルツールを通じて知り合う人など、
気づけば新しい人間関係やコミュニティーができて、
自分自身の生活にも何やら変化の兆しが見えてくる。
もともと面倒見の良い二黒土星の周囲には、
「話を聞いてほしい」人が集まってくるので、ぜひ聞き役に!
また今月は、ゆったりした気持ちで
日々の出来事を味わってみて。
ムダ遣いに要注意!

今年、最大の変化を体験する7月。
物事が自分の思惑通りに運ばなかったり、去る者がいたり……、
その様子はまるで身辺整理をするかのよう。
でもそれが合図となり、新しいスタートを切ることに。
三碧木星はすぐに結果を求めたくなるが、
焦らずじっくり腰を据えること!
自分の心と技を磨くことに時間を使うこと!
そして何よりいちばん大切なことは、変化を恐れず
自分を信頼して持ち前の好奇心で前進すること!

知らないうちに、何かと注目されやすい7月。
逆に自分をどんどんアピールできるチャンス!
もともと社交的で世話好きな四緑木星。
今月はそこにやさしさと柔らかさをプラスすることで
さらに魅力や人気がアップし、活躍の場が広がっていく。
また、周囲とコミュニケーションする一方で、
ひとりの時間も大切に!
自分の欠点や見たくなかった部分に目を向けてみて!
夏風邪、事故やケガにもご注意を!

7月、運勢はガクンと凹み気味に。
しかし、今年最強運気の五黄土星、
「不調くらいがちょうどいい」と思うと◎。
しばし休憩をとるつもりで体と心を休めよう!
また、勃発するアクシデントやトラブルで
五黄土星の器が試されるとき。
とくに「人間関係」で、
思いもかけず立場が悪くなりやすいかも。
相手が女性の場合は、丁寧なコミュニケーションがカギに!
まずはしっかりと受け止め、真心で対応を!

忙しさとともに、運気が少しずつ回復していく7月。
気づけば、自分の周囲が何かと賑やかになっているはず。
「え?マジで?」というサプライズな情報が届いたり、
「これ、私の仕事じゃないけど……」ということに振り回される人も。
もともとしっかり者の六白金星だけれど、
今月は、ちょっとヌケてるくらいで丁度いいかも。
結果にこだわるよりプロセスを楽しんで!
感動できることと出会うことで開運へ!

7月、気持ちもリフレッシュし活動的になる1ヶ月。
新しいご縁も繋がって、行動半径も拡大しそう。
中には今までやったこともないような、
実力以上の荷が重い仕事の依頼があることも。
自分の可能性を広げるチャンスと捉え、
「責任感」と「覚悟」を決めて取り組むことが大切!
また人との交流が活発になり、自然と舌も滑らかに。
しかし、七赤金星は一言多いのが玉に瑕。
調子の良い時ほど慎重に発言を!

運気絶好調の7月。忙しさもピークに!
人間関係も円滑で、物事のタイミングもバッチリ。
すべてが順調に進み、気持ちも充実して過ごせそう。
しかし、そんなときほど落とし穴が!
八白土星は、知らず知らずのうちに限界を超えて動きすぎ、
気づいたときには心も体もヘトヘトになる傾向が!
せっかくの高運期に倒れてしまったら意味がない。
適度に「止まる」「休む」も重要な動きであることを忘れずに!

7月、ここ数ヶ月走り続けてきた九紫火星にとっては、
一転、なんとなく停滞感や閉塞感にイライラしそう。
「なんかうまくいかない」「動きたいけど動けない」と感じたら、
肩の力を抜いて周囲に目を向けてみよう!
「私がやっている」と思っていたことが、
実は周囲のサポートのお陰ということに気づくかも。
ともすると、九紫火星は視野が狭くなりがち。
物事を客観的、あるいは俯瞰で見ることを意識して!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連するキーワード
関連記事
例年より早く木枯らしが吹き、冬の足音が一気に近づいた11月。運勢を司るのは「五黄土星」。「五黄土星」が中宮に廻座するのは3月に続き2回目。ということで11月は「リスタート」を意識しよう! 今年もあと3ヵ月(気学では翌年2月3日までを1年とする)。まだ本気出してない人も(笑)、「しまった!」という経験をした人もまだまだ間に合う!
10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
梅雨の季節と重なり体も気分も凹みがちな6月。今年はさらに「穴」という象意を持つ一白水星の気がコラボするため、運気にも穴があく。しかしこの穴、運気の流れの中では大切なポイントで、そのメッセージは「自分メンテナンス」。サーキットで過酷なレースを走る車が何度もピットインして整備をするように、人間もときどき整備が必要。6月がまさにそれ。「穴」の空いたものが目についたらしっかり自分メンテナンスを!
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル