MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
“世界のBBQ”が手ぶらで楽しめる! 創建110年の「横浜赤レンガ倉庫」に特設会場が登場

“世界のBBQ”が手ぶらで楽しめる! 創建110年の「横浜赤レンガ倉庫」に特設会場が登場

連日の猛暑ですが、バーベキュー(BBQ)に出かけたいテンションになっている人も多いのではないでしょうか。昨今は食材も道具も持たずに楽しめる“手ぶらでBBQ”がトレンドです。都会でも非日常を演出できる施設が多くありますが、7 月22 日には横浜赤レンガ倉庫前に屋外BBQ特設会場が初登場します。8月29日までの会期中、世界各国の名物料理から地元の新鮮な海産物まで、豪華な食材が豊富にラインナップ、旅行気分で堪能できます。

perm_media 《画像ギャラリー》“世界のBBQ”が手ぶらで楽しめる! 創建110年の「横浜赤レンガ倉庫」に特設会場が登場の画像をチェック! navigate_next

火おこし、片付けの心配もナシ 7月22日から開催の「RED BRICK PARK with BBQ Garden」

夕涼みしながらリラックス(提供写真)

2021年に、創建110周年を迎えた横浜赤レンガ倉庫。横浜・みなとみらい地区に、ひときわ異彩を放つ重厚な歴史的建造物前に、初めてのBBQ会場「RED BRICK PARK with BBQ Garden」がお目見えしました。抜けるような青空と目の前に広がる海を前にした芝生には、白波が立つかのごとくパリ発のテントが立ち並び、開放感にあふれています

爽やかな芝生が登場(提供写真)


食材や道具類は現地で調達、火おこしや片付けも必要ない気軽な“手ぶらでBBQ”を楽しめる施設は、都会でも多く見かけられるようになりましたが、こちらの会場では、ワンランク上をいく「世界のBBQ」をテーマに用意された、各国の豪華な食材が目をひきます。

常陸牛、ブラジルの「シュラスコ」やジャマイカの「ジャークチキン」……豪華食材がラインナップ

例えば、いつもとひと味違った、上質な食材を求める派には、「日本プラン」がおススメ。茨城県産のコシヒカリを使った焼きおにぎりは、お米のシンプルな美味しさが引き立つほか、きめ細かな肉質を誇るブランド黒毛和牛・常陸牛のとろけるようなうま味が味わえて、満足度高め

ブラジルやジャマイカの名物料理が味わえる「南米プラン」(提供写真)

一方、“BBQはやっぱり肉でしょ派”には「南米プラン」はいかが。塊肉を串焼で豪快に味わうブラジルの「シュラスコ」や、何種類ものスパイスに漬け込んだ鶏肉を炭火で焼き上げるジャマイカの名物料理「ジャークチキン」など、日ごろ味わう機会の少ないワイルドな肉料理の数々をジューシーに焼いて、思いっきりかぶりつけば、スパイシーさがお口いっぱいに広がって、猛暑も吹き飛ばしてくれそうです。

プロの目で選び抜かれた「水産仲卸目利きセット」

横浜の地元市場で選び抜いた「水産仲卸目利きセット」(提供写真)

中でも、特に目をひくのが「水産仲卸目利きセット」。横浜市中央卸売市場の仲卸業者が、プロの目で選び抜いた水揚げされたばかりの地魚や貝類など豊富な海産物が、心ゆくまで堪能できます。何が入っているのか、当日のお楽しみとあって、ワクワクしっ放し。どうしても、肉や野菜に偏りがちなBBQですが、新鮮な海鮮食材がたっぷり用意されたこちらのセットは重宝すること間違いなし、です。

ワイルドな肉料理が魅力「アメリカプラン」(提供写真)

ほかにも、ボリューム満点でソースにまでこだわった「アメリカプラン」、イタリア産カマンベールチーズを使ったチーズフォンデュがオシャレな「ヨーロッパプラン」、若者や女性に根強い人気を誇る韓国グルメ「サムギョプサル」をBBQスタイルで提供する「アジアプラン」といった豊富なラインナップを用意しています。

バナナ型のキッチンカーも登場!

フィッシュ&チップス(提供写真)

ふわふわフルーツ氷(マンゴー/ストロベリー)(提供写真)

芝生のフリーエリアには、スイーツやドリンク、フードを販売する店舗も。フィッシュ&チップス(800円)、プレミアムバナナミルク(Mサイズ590円)、台湾マンゴーかき氷(900円)、ふわふわフルーツ氷(500円)などメニューは盛りだくさん。バナナ型のキッチンカーなどは、子供達が喜ぶこと間違いなし、です。

バナナ型のキッチンカー(提供写真)

アメリカ発グリル「ウェーバー」のお試しにも

人気のアメリカ発グリル「ウェーバー」が試せる(提供写真)

会場で使用されているアメリカ発のグリル「ウェーバー」も、見逃せません。アウトドア好きの間で人気の「ウェーバー」を購入前にお試しできる、またとない機会です

「LINEやアプリも活用、感染防止対策は万全」

7月22日現在、横浜市は、新型コロナウイルスの蔓延防止等重点措置の対象地域となっているほか、県独自の緊急事態宣言が発令されています。宣言期間中は、こちらの会場でも、営業時間を時間短縮、酒類の提供を取りやめるなど、直前まで対応に追われました。イベントを主催する横浜赤レンガ倉庫広報事務局は、「基本的な感染防止策を徹底したうえで、LINEお知らせシステムや、アプリを活用して注意を促したりして、万全を期し、多くの方が安心して楽しめる取り組みに努めております」と、呼びかけています

感染防止対策をしっかりとったうえで、家族や友人たちと、昼間は潮風に吹かれながら、芝生と海、夏空と一体となってリラックスし、夕刻からは、涼をとりながら、みなとみらいの夜景に酔いしれ、特別な夏の日を満喫してみてはいかかでしょう。

横浜赤レンガ倉庫

1859年、横浜港が開港。海外から運搬されてきた物資を一時保管する場所として、1911年、2号館、13年、1号館がそれぞれ竣工されました。倉庫は、レンガの間に、鉄材を埋め込んで耐震強度を高め、内部も、日本初の荷物用エレベーターやスプリンクラー、防火扉など当時、最新鋭の技術を搭載。関東大震災では、耐震構造のおかげで、2号館は大きな損壊を免れました。第二次世界大戦後は、アメリカ軍に接収されるなどしたのち、海上輸送のコンテナ化が進み、取り扱い荷物量は激減します。倉庫としての役割を終え、しばらく放置されていましたが、21世紀に入り、文化・商業施設として生まれ変わりました。貴重な歴史的建造物であるとともに、横浜を代表する観光スポットとして親しまれています。

「RED BRICK PARK with BBQ Garden」の情報

「RED BRICK PARK with BBQ Garden」(提供写真)

【期間】 7月22日(木・祝)~8月29日(日)雨天決行、荒天中止
【営業時間】 11時~20時(最終入場18時、19時30分LO)
1回120分制
1サイト8名まで、総席72席
【施設利用料】
大人(高校生以上)2,200円/小中学生1,650円/小学生未満無料
各プラン料金共通1人前3,300円/キッズプラン1人前1,600円
オプションプラン/スイカ割り1,100円/スイーツバイキング中学生以上990円、小学生490円
※小学生以上は、1名につき、必ず1プラン注文する

予約方法:BBQ利用のみ専用電話070-3082-9265(受付9時~21時)または専用WEBサイト。
※当日、空きがあれば予約がなくても利用可

文/中島幸恵

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で「肉」にスポットを当て、4回にわたって絶品料理を紹介してきましたが、今回は調理で使う焚き火の基本編です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第4回は、焚き火で煮込む「燻煙丸鶏の日本ソバ」の紹介です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第3回は、焚き火で作るワイルドな“ローストビーフ”の紹介です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第2回は、ジンギスカンのタレをかけて炙る“絶品串焼き”の紹介です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第1回は、写真を眺めるだけで、お腹が鳴りそうな極上ステーキの紹介です。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル