MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
福神漬けはなぜ赤い?本当は何色?

福神漬けはなぜ赤い?本当は何色?

「福神漬はなぜ赤い?」打ち合わせで『おとなの週末』編集・武内が言った。そんな”どうして空は青い?”みたいなこと言われてもと思うも、このカレーの恋人を調べると、数々のウンチクが見つかり......。

perm_media 《画像ギャラリー》福神漬けはなぜ赤い?本当は何色?の画像をチェック! navigate_next

福神漬けはなぜ赤い?

カレーの恋人、福神漬け

そもそも福神漬とは?

このネット時代、そんなのは調べればすぐわかるんですが、発祥にはふたつの説がある。ひとつは、江戸寛文年間に上野寛永寺に勧学寮を建立した了翁道覚が考案した説

しかし、現在の福神漬のスタイルを考えると、明治初期に今の『酒悦(当時は山田屋)』の15代目が考案。七種の野菜を用いたことから『福神漬』と命名された説が有力か?

ちなみに酒悦が現在も販売している元祖『福神漬』の七つの食材は”大根、なす、なた豆、蓮根、かぶ、しそ、うり”。

しかし先ほどワタシが近所で買ってきた品は”大根、なす、なた豆、蓮根、しそ、しょうが”と、七種に満たない六福神!いいのかこれ!?と思ったら、日本農林規格に答えはあった。

概略を書くと、”大根、なす、なた豆、蓮根、しそ、うり、きゅうり、しょうが、竹の子、舞茸、唐辛子を細刻したもの又はしその実、ごま(これを『ふくじんの原料』と呼ぶ)のうち5種類以上の原材料を主原料とし醤油に漬けたもの”を『ふくじん漬け』と呼ぶのだった。

さて、カレーの定番添え物になった由来は?というと、有名なのは、大正時代に日本郵船の欧州航路で始まった説

だがカレーとは関係なく、日露戦争時には陸海軍ともに、米で腹を満たすため、ゴハンの友として必ず保存のきく福神漬けが米に添えられていたし、昭和初期の洋食堂でも、やはりライスには必ず添えられていたという事実もある。洋食のライスの横には福神漬という自然慣習が元々あり、その名残が今、カレーにのみ生きているという説も記しておきたい。

そして編集・武内の疑問である”福神漬はなぜ赤い?”だ。

その説として有名なのが”チャツネに影響された”って説。これぞ怪しい!だって、チャツネっていろんな種類あるけど、赤のチャツネって珍しいよ。

それより食欲食として、ゴハンに映える色として、売れそうなんで単純に赤くしたっていう理由のほうがはるかに説得力あると思うんですが。

それはともかく最近は赤よりも茶色が主流に戻りつつはある。

文/カーツさとう 撮影/西﨑進也

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
9月20日は秋のお彼岸の入りです。お彼岸といえばお供え物やお土産におはぎを連想する方が多いと思います。粒あん、こしあん、きなこなど、色々なタイプがありますが、皆さんはどのようなおはぎがお好みでしょうか。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル