MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
厚木の畑にポツンと「たまごサンドの無人販売所」…なのにめちゃ人気!

厚木の畑にポツンと「たまごサンドの無人販売所」…なのにめちゃ人気!

玉子サンドといえば、パン屋さん、スーパー、コンビニ、デパ地下など、ありとあらゆる場所で手に入るサンドイッチの代表格。にも関わらず、入手に苦労する玉子サンドがあるのだ。そのお店とは通称「玉子サンド研究所」。どれほどまでに苦労するのか、ライター菜々山が突撃!

perm_media 「たまごサンドの無人販売所」を写真でまとめてチェック! navigate_next

日本一手に入りにくい玉子サンド!?

玉子サンドが好きだ。流行りの出汁巻きとか厚焼きスタイルではなく、昔ながらのあの玉子サンド。コンビニではそれ一択だし、自分でもよく作る方だと思う。

けど、長年思っていた。何かが足りない。言ってしまえば、固茹でを潰してマヨネーズと和えてパンに挟むだけ。シンプルがゆえに、マヨネーズとのバランスやパンとの相性、白身の食感をいかにするか、と繊細な感覚が問われる、非常に緻密に構成された食べ物なのだと思う。

それをなんと46年間、半世紀近くに渡って研究している、『ヤマモトヤ』(通称:玉子サンド研究所)なる店があると聞きつけ、やってきた。

厚木市のどの駅からも徒歩じゃかなり遠い、畑のど真ん中。細い道をくねくねと車を走らせていると、それはいきなり現れた!

ドドーン!!

田園風景に全く溶け込まない黄色が目を引く、いや目立ちすぎる!!

到着したのは午前10時50分。だだっ広い駐車場にはすでに車が10台ほど止まっていて、みなさん車中で何かを待っている様子。こちらは売店ではなく、無人販売所

3台ある冷蔵庫を開けてみると、フルーツサンド、ミックスサンドはあるものの、肝心の玉子サンドがない!

ハテ? と思っていたら、なんだか続々と人が冷蔵庫の前に集まってきたではないか!!

とりあえず我らもその行列に参戦。すると、無人販売所の奥にある建物の扉がガラリと空いて、店員さんが大きな箱を抱えてやってきた。ついに噂の玉子サンドの登場だ。

サンドイッチのお出まし

冷蔵庫に補充する前から列に並んだ人々が手を伸ばし、みるみるうちになくなってしまった! 我々取材班もなんとかラスト1個をゲット。

大勢いたお客は、玉子サンドを手にすると、まるで蜘蛛の子を散らすように去っていった。

そこへ通りがかった、近所に住むというマダムに話を聞いてみると、なんでも6時、9時、11時、13時(それ以降は不明)に玉子サンドが補充されるとのこと。

その時間を狙って、お客が集まってくるんだそうな。ちなみにマダムはゲットならず。分けてあげたいけど、ごめん。私たちもひとつだけしか買えなかったのですよ。まさに争奪戦。日本一手に入りにくい玉子サンドと言えるだろう

さあ、その玉子サンドのお姿がこちら!!

実食! あふれんばかりの玉子に……

「あふれる玉子サンド」300円

玉子サラダがあふれんばかりに入れられ、パンは見るからにふわふわ。コレ、絶対うまいやつ!

たまごがギッシリ!

手で持つと、ずっしり重い

期待に胸膨らませながらハムッとひと口食べてみると、おおっ! パンはしっとりモチモチからのほんのり甘い香り。続いて、大きめにざく切りされた白身はゴロッとした存在感抜群だ。一方の黄身部分は滑らかなクリーム状で白身と黄身が食感のコントラストを生んでいる。さらにマヨネーズは控えめで玉子の風味も満点だ。

つまり、文句なしに旨い‼︎

他にも、この日購入した商品を紹介しよう。

「エビスかぼちゃサンド」300円

「エビスかぼちゃサンド」「トマトエッグBOX」それぞれ300円。

玉子サンド単体では手に入りにくくても、ミックスサンドなら割と気軽に購入できそう。「エビスかぼちゃサンド」は、甘さ控えめの和テイストのデザートサンドで、おやつにぴったり。

「トマトエッグBOX」300円

他にも今回は購入できなかったものの「放課後の豚サンド」と名付けられたカツサンドも気になるところ。

最後に注意事項を。この無人販売所は両替機などもないため、足を運ぶ際には100円玉を多めに用意しておくことをおすすめする。

このようにお金を入れるシステム

■ヤマモトヤ
[住所]神奈川県厚木市上荻野1270-2
[営業時間]24時間営業
[定休日]年中無休

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連記事
2021年3月号の『おとなの週末』にて、東京で楽しめる「世界のパン」14カ国の味を食べ比べ! その中から、手軽に注文できて春のブランチにもぴったりのサンドイッチ3選をお届けします。
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル