MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ラ・ボッテガイア|シェフの遊び心が光る創作イタリアン(イタリアン/東銀座)

ラ・ボッテガイア|シェフの遊び心が光る創作イタリアン(イタリアン/東銀座)

京橋で評判のワイン酒場が2015年5月、東銀座に移転リニューアルオープン。カジュアルなイタリアンが銀座でなんとワンコインの500円から楽しめる。ラ・ボッテガイア[交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ラ・ボッテガイア(最寄駅:東銀座駅)

定番のパテや和牛のロースト以外にも、山椒やレモングラスといったさまざまな調味料やハーブを駆使した創作イタリアンは秀逸。生姜風味のトリッパや、フレッシュなパクチーをふんだんに使ったジェノベーゼパスタ、客のテーブルで仕上げる焼きたてのフリッタータ(オムレツ)など、固定概念に縛られないシェフの遊び心が随所に散りばめられている。4月上旬にはすぐ近くに魚介系バルを新規オープン。ますます東銀座を盛り上げてくれること請け合いだ。

クツベラ(和牛希少部位)のロースト
2000円

上腕部分の希少部位で、形が靴ベラのようなのでそう呼ばれるという。軟らかい赤身で和牛独特の甘み。ローズマリーとニンニクでローストしている

田舎風パテ
500円

鶏と豚の挽き肉や鶏レバーを使い、しっとり焼いた定番

ラ・ボッテガイア

[住所]東京都中央区銀座3-12-15銀座細谷ビル1階 [TEL]03-6264-3565 [営業時間]11時半~14時LO、18時~22時LO [休日]日、祝の月 [席]カウンター4席、テーブル24席、計28席/全席禁煙/予約可(昼は12時までの入店は可)/カード可(VISA、masterのみ)/サなし、チャージ300円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-6264-3565
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
魚介専門イタリアンならでは、そして大阪だからこそのダイナミックで豪快な旨みマシマシなペスカトーレ!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt