MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ライター修業時代に食べた思い出の味/ニッポン“チャーラー”の旅 第3回

ライター修業時代に食べた思い出の味/ニッポン“チャーラー”の旅 第3回

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介! 今回は名古屋市中村区の中華料理店。思い出の味というチャーラーとは。

perm_media 『中国料理 華明閣』の“チャーラー”を写真でチェック! navigate_next

ライター修業時代に幾度となく食べた店に久々の訪問

「チャーラーの旅」の旅人である私は、フードライター兼カメラマンが本業。25歳でフリーとなり、四半世紀以上が過ぎた。

23歳のときに2年半ほど勤めた編集プロダクションは、名古屋駅の駅ウラ、あっ、今は駅ウラとは言わないな。新幹線の改札口がある太閤通口。そこから歩いて5、6分のマンションの一室にあった。

勤務時間は10時からエンドレス。今でいうブラック企業だろうが、当時はそんな言葉もなく、出版業界はこんなものだと思っていた。

昼休みは13時から。昼食は近くの喫茶店や洋食店などでとることもあったが、原稿を書いている途中で外出すると、集中力が途切れてしまう。そのため、大半は出前で済ませていた

お昼時になると、「出前、頼もうか」と社長が言い出して、誰かがみんなの注文を聞いて電話をするのだ。

丼物や麺類の他、編プロと同じマンションの1階にある中華料理屋からとることが多かった。支払いは社長。かれこれ、100回以上はオゴってもらったと思う。今思えばありがたいことだ。

『中国料理 華明閣』

先日、かつて編集プロダクションがあったマンションの近くへ行く機会があった。会社はとうの昔になくなっていると風の噂に聞いていたが、ふと、あの中華料理屋はどうなっているんだろうと思い、訪ねてみた。それが名古屋市中村区則武にある『中国料理 華明閣(かめいかく)』である。外観は四半世紀経った今でもまったく変わっていない。

店内に入ると、オーナーとおぼしき方が席に案内してくれた。以前は金ピカのブレスレッドやペンダント、時計を身につけた小柄な老人がオーナーだった。マンションのエレバーターでよく顔を合わせた。高齢のためか、いつも杖をついて歩いていた。

「実は杖に見えるけど、実は仕込み刀なんだぜ、あれ」とか、「実は拳法の達人で、いざというときには俊敏に動く」とか、私たちはよくネタにしていた。そんな思い出が蘇る。

店内も当時のまま。お昼のピークだったこともあり、周辺で働くサラリーマンでごった返していた。厨房からは料理人たちが忙しそうに中華鍋を振る音が聞こえてきた。注文したのは、昼のサービスランチの中から「ラーメン炒飯セット」(720円)。

炒飯。インパクトは今ひとつ。期待が大きかった分だけ残念だった

まず、目の前に運ばれてきたのは炒飯。具材はハムとネギ、卵とシンプル。さすがに25年も経っているので、ビジュアルはよく覚えていない。でも、しょっちゅう食べていたから味は覚えているはずだ。ってことで、ひと口。

あれ? こんな味だったっけ? もっとしっとりとした食感だったような。っていうか、これは明らかに炒めすぎだ。パラパラを通り越してバサバサになっている。これはちょっと残念だったな。

胡椒をかけて楽しみたい、鶏ガラスープのラーメン

いかにも町中華のラーメン。あっさり味がクセになる

炒飯が運ばれてから1分以内にラーメンが着丼。そうそう、当時もスープはこんな感じの澄んだ色をしていた。まずは麺を食べてみる。

これこれっ! 醤油辛くなくて、鶏ガラのだしがしっかりときいた、この味! うわぁ、めっちゃ懐かしい!

ラーメン専門店ではコショウを使うことは滅多にない。それはコショウが要らないような味に仕上げてあるからだ。でも、中華料理屋でラーメンを食べる場合は遠慮なく使う。コショウをドバーッとかけて食べるのが流儀と思っているくらい(笑)。

ここのラーメンも例外ではなかった。コショウをかけるとスープの味が引き締まって実に旨い。コショウの香りが立ち上る湯気とともにふわっと香るのもよい。味のインパクトがやや弱かった炒飯は、コショウをかけたラーメンのスープをすすりつつ完食した。

27年前、あのマンションの一室で馬車馬のように働いていた仲間たちは元気でやっているのだろうか。無性に会いたくなった。

撮影・文/永谷正樹

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
コロナ禍において、飲食店が様々なスタイルを取り入れ、攻めの姿勢を見せています。福岡・大濠公園の人気店『焼き鳥 鳥次』、『水炊き橙』が新たに仕掛けたのは、二毛作。昼はラーメン店、夜は鳥料理をメインとした飲み屋です。すでに評判を呼んでいるお店へ行ってきました。
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回は東海地方のラーメンチェーン『うま屋』。チェーンの粋を超える旨さです!
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル