MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
侮れない! 東海地方のラーメンチェーン『うま屋』/ニッポン“チャーラー”の旅 第4回

侮れない! 東海地方のラーメンチェーン『うま屋』/ニッポン“チャーラー”の旅 第4回

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回は東海地方のラーメンチェーン『うま屋』。チェーンの粋を超える旨さです!

perm_media 『うま屋』の“チャーラー”を写真でチェック! navigate_next

町中華やラーメン専門店よりも旨い東海ローカルチェーン店

最近、その地域にしか存在しない、うどんやラーメン、ハンバーガーなどのローカルチェーンが注目を集めている

「チャーラーの旅」の拠点である東海地方のラーメンチェーンで出しているチャーラーは、そこらの町中華やラーメン専門店よりも旨いと評判だ。

『豚旨(とんこく)うま屋ラーメン』は、愛知県と岐阜県、三重県、滋賀県に33店舗を展開。写真は、愛知県清須市にある春日店

そのラーメンチェーンとは、愛知県春日井市に本店がある『豚旨(とんこく) うま屋ラーメン』。おそらく、愛知県在住の方なら知らない人はいないだろう。

メニューの豊富さをウリにしているチェーン店が多い中、ここのラーメンは、「特製ラーメン」(620円)と「チャーシューメン」(750円)の2種類のみ。東海地方のチェーンだからといって「台湾ラーメン」も置いていない。この潔さはとても好感が持てる。オンリーワンをめざす心意気がヒシヒシと伝わってくる。

おっと、チャーラーに話を戻そう。ここは「うま屋セット」(980円)なる「特製ラーメン」と「ミニチャーハン」のセットがあり、ランチ(開店〜15時)でも「チャーハンセット」(930円)として提供している。このチャーラーの完成度がメチャメチャ高いのである。

ランチの「チャーハンセット」(930円)の「特製ラーメン」。無料の九条ネギや卓上のニラ辛子、紅ショウガで味変も楽しめる

まずは、「特製ラーメン」。スープはとんこつ醤油。厳選した豚骨と香味野菜をベースに、完成まで18時間以上もかかるという。しかも、チェーン店にありがちなセントラルキッチンではなく、チャーシューやメンマも各店舗で仕込んでいる

麺は中太ストレート。厳選した小麦粉と岐阜県・長良川の上流水で打ち上げていて、スープとの絡み具合はもちろん、なめらかな舌触りとのど越しの良さ、適度なコシが楽しめる。

とんこつ醤油のラーメンは、一歩間違うと、とんこつ特有のアンモニア臭のような臭みを感じることがある。店に入った瞬間に臭うこともある。が、ここは皆無。店で仕込むので、味にバラツキがあってもおかしくはないのに、どの店舗へ行っても味のブレはない。きっと、丁寧に作っているのだろう。

今まで食べたものを凌駕する旨さ「名物チャーハン」

「ミニチャーハン」。「特製ラーメン」との相性は抜群だ

特筆すべきは、「ミニチャーハン」。単品では「名物チャーハン」(600円)として販売されている。

これがもう、メチャクチャ旨いのである

ラーメンチェーンのチャーハンは、どちらかといえば、サイドメニュー的なポジションだが、ここは違う。チャーハンだけを食べに来る客も数多くいる、その名の通り「名物」なのだ。

作り置きはせず、注文が入るごとに調理しているのも美味しさの秘密。それこそ、ランチタイムのピークには、中華鍋を振る音が店内に響き渡っている。

具材は、チャーシューと九条ネギ、刻み玉ネギ、卵。味付けは自家製の醤油ダレ、と至ってシンプル。レンゲですくって口の中に入れると、醤油ダレの香ばしさが広がる。ふわっとしたやさしいものではなく、ガツンとくる。

そして、ご飯一粒ひと粒に染み込んだ自家製チャーシューと九条ネギの旨みが後からやってくる。こりゃ旨い! そりゃ名物になるわけだ。今まで食べたチャーハンはいったい何だったのかと思うほど

「チャーハンセット」。九条ネギはオーダーの際に伝えれば持ってきてくれる

ただ、気になるのは、チャーラーの醍醐味である交互に食べたときのバランス。ゆえに私はシンプルな醤油ラーメンとチャーハンの組み合わせがいちばんだと思い込んでいた。

実際に食べてみると、これが実にマッチしている。『うま屋』は、ラーメン専門店なので、おそらく、「特製ラーメン」ありきでそれに合うチャーハンを開発したのだろう。チェーン店とはいえ、決して侮ることはできない。

今後、「チャーラーの旅」では、他府県のラーメンチェーンのチャーラーもどんどんレポートしていこうと思う。お楽しみに!

撮影・文/永谷正樹

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
コロナ禍において、飲食店が様々なスタイルを取り入れ、攻めの姿勢を見せています。福岡・大濠公園の人気店『焼き鳥 鳥次』、『水炊き橙』が新たに仕掛けたのは、二毛作。昼はラーメン店、夜は鳥料理をメインとした飲み屋です。すでに評判を呼んでいるお店へ行ってきました。
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介! 今回は名古屋市中村区の中華料理店。思い出の味というチャーラーとは。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル