MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「流山すず季」(そば/流山)のグルメ記事

「流山すず季」(そば/流山)のグルメ記事

実家の蕎麦屋を継いだ鈴木さんは独学で蕎麦を追求し、やがて蕎麦の栽培を手掛けるまでに。そこから農家との交流が生まれ、今では蕎麦は主に農家が『すず季』用に作ったものだ。「流山すず季」の[アクセス]東武野田線初石駅出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

流山すず季(最寄駅:初石駅)

並々ならぬ蕎麦への情熱が支える千葉の名店

さらに、職人肌の鈴木さんは蕎麦の皮むきも手作業にこだわっている。
皮をむいて蕎麦が空気と触れ合うと、ワインが開くように味が豊かになるという。それがピークを迎えたところで蕎麦を打つから香りも味も格別なのだ。

手挽き田舎ざる
1080円

石臼挽きの蕎麦3種類を混ぜた十割蕎麦。暑い時季には清涼感を出す配合にしている

生粉ざる
860円

玄蕎麦を粗挽きした蕎麦につなぎを少し入れた外一。蕎麦の味が深く、弾力もある

流山すず季

■『流山すず季』
[住所]千葉県流山市西初石3-1-17 
[TEL]04-7152-3528 
[営業時間]11時45分~15時、18時〜20時 ※火曜日は11時45分~15時のみ
[休日]水曜日、木曜日
[座席]テーブル14席、座敷11席、計25席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし 
[アクセス]東武野田線初石駅出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

電話番号 04-7152-3528
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。
店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。
昔ながらの町の蕎麦屋然とした佇まいもいいのだが、蕎麦よりもラーメンの注文が多いというくらいの人気の店がこちら。
 創業は昭和10年、そしてラーメンは戦後すぐに誕生したという。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt