MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト|濃厚なソースと芳醇な生地は本場の美味しさ(ピザ/豊島園)

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト|濃厚なソースと芳醇な生地は本場の美味しさ(ピザ/豊島園)

ピッツェリア ダ・アオキ タッポストのオーナーの青木嘉則さんは、世界最高のナポリピッツァ職人と称されるガエターノ氏の元で日本人で初めて修業し、帰国後、店をオープン。青木さんのピッツァ哲学の根底にあるのは、ナポリと同じ味を作り続けること。[交]西武池袋線豊島園駅から徒歩7分

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト(最寄駅:豊島園駅)

生地は老舗メーカー、カプート社製の2種類の粉を配合し、その日の気温や湿度で水分量やイースト菌の量を変えている。また、生地を翌日に持ち越さないのもこだわりだ。薪窯で焼き上げれば、モッチリした食感の中から、具材にひけをとらない、小麦の芳醇な香りと旨みがあふれ出す。

ビアンカネーヴェ
2700円

オリーブオイルとモッツァレラチーズで焼き上げた生地に、たっぷりのルッコラとパルマ産の生ハムをトッピング。ルッコラのほろ苦さが、味のアクセントに

マルゲリータ
1782円

ソースに使用されるトマト水煮缶やチーズもすべてイタリア製。美しい焼き目のついた耳(コルニチョーネ)の味も特筆もの

牛スネ肉のトマト煮込み
1296円

ホールトマトやフレッシュトマトで6時間かけてじっくり煮込んでいる

自家製ピッツァ生地パンのラザーニャ
1058円

板状パスタの変わりにピッツァ生地で作るパンを使用。ソースと合わさることでしっとりとした口当たりに

ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト

東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園1階 ☎03-5999-3988 [営]11時半~14時LO、17時半~22時LO、土・日・祝は12時~14時半LO、17時~22時LO [休]火(祝日の場合は翌水休) [席]カウンター5席、テーブル18席 計23席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]西武池袋線豊島園駅から徒歩7分

電話番号 03-5999-3988

ピッツェリア ダ・アオキ タッポストの関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt