MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
あぺたいと 本店|ソース焼きそばは“両面焼き”でパリッ! 自家製麺からあふれる香ばしさ(中華料理/高島平)

あぺたいと 本店|ソース焼きそばは“両面焼き”でパリッ! 自家製麺からあふれる香ばしさ(中華料理/高島平)

「あぺたいと 本店」はソース焼きそば専門店の先駆け的存在として、オープンしてから今年で28年目を迎える。使用するのは、強力粉に全粒粉をブレンドしたコシのある香り高い自家製麺。[交]都営地下鉄三田線新高島平駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》あぺたいと 本店|ソース焼きそばは“両面焼き”でパリッ! 自家製麺からあふれる香ばしさ(中華料理/高島平)の画像をチェック! navigate_next

あぺたいと 本店(最寄駅:新高島平駅)

使用するのは、強力粉に全粒粉をブレンドしたコシのある香り高い自家製麺。茹でてから円盤状に広げ、きつね色になるまで両面をしっかり焼き付けるのが、この店のスタイルだ。そこにウスターに醤油や砂糖など10種類以上の調味料をブレンドした秘伝のソースを回しかけ、湯気で蒸しながらさらに炒める。パリッと焼かれた麺からあふれる香ばしさが、やみつきになること請け合いの美味しさだ。

焼きそば大(生卵つき)
1100円

シコシコとした歯触りと、自家製ソースに引けを取らない強い小麦の香りが特徴。生卵に絡めて、マイルドな味わいにして食すのがオススメだ。麺は200gとボリューム満点

餃子
360円

モチモチとした皮で、具には野菜がたっぷり。ニンニクが程よく利いて、ビールのつまみにピッタリだ

悶絶焼きそばBest10!東京でおすすめ10店に掲載!

香ばしく焼かれた焼きそば、野菜たっぷりのとろり餡と絡まっても、芳醇な香りのソースと炒め合わせられても、身もだえするほどの美味しさに大変身。しかも食事でもおやつでもいけるスグレもの。こんな魅力あふれる焼きそばを食べるなら、ここ!

あぺたいと 本店

東京都板橋区高島平7-12-8 ☎03-3938-6302 [営]11時~15時、17時半~24時(土11時~24時、日11時~22時) [休]年末年始 [席]カウンター8席、座敷8席、テラス席8席 計24席/カード不可/夜のみ予約可/サなし [交]都営地下鉄三田線新高島平駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3938-6302
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
「武蔵小山の夏の風物詩」と言われるとかないとか(?)のご覧の名物。冷水でキュッと締めた麺の上に片栗粉でカラリと揚げた熱々のエビが1、2、3……8個も! 
世の中にはさまざまな203号室があるけれど、このビルの203号は冗談抜きですごかった。何がってカフェ風の空間から想像もできない本格中華が店主の濵田さんによって夜な夜なふるまわれているから。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル