MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おすすめ浅草 酒場3店!路地裏の魅力たっぷり!浅草観音堂裏 [第二弾:呑む!!](酒場/浅草)

おすすめ浅草 酒場3店!路地裏の魅力たっぷり!浅草観音堂裏 [第二弾:呑む!!](酒場/浅草)

【浅草観音堂裏 特集 第二弾:呑む!!】暖簾をくぐれば一見にして常連のように打ち解けられる下町の酒場!国内外の観光客でにぎわう浅草。しかし、浅草寺観音堂の裏手に来ると様相が一変。花街の雰囲気を色濃く残しつつも静かで、路地に入れば、ここそこで美食に出会える、これぞ散歩しがいのある場所なのだ。

喜美松【浅草】

奥:たん刺(半人前)400円
中央左:子袋刺(半人前)400円
中央右:れば刺(半人前)350円
手前:きゃん玉刺(半人前)400円

最初に試したいおすすめの4部位。「タン」や「子袋」はクセが少なく豚ホルモン初心者でも食べやすい。

まずはサイズハーフから注文できる自慢の「ゆでもつ刺し」をぜひ。低温でゆっくりと丁寧に火入れをし、レアに近い食感に仕上げてある。「れば」や「小袋」など定番部位のほか、めずらしい「キャン玉(睾丸)」は好きな人にはたまらない独特の味わい。それだけでなく「㐂美豚刺し」といった創作料理も豊富だ。下町の家庭的な雰囲気ながら、酒は純米吟醸からオーガニックワインまで幅広く揃えている。

東京都台東区浅草4-38-2 ☎03-3874-5471 [営]17時半~22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル14席×1卓、小上がり座敷2席×1卓、4席×2卓 計34席/禁煙スペースあり/要予約/カード不可/サなし、お通し代270円別 [交]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩12分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩9分

三豊【浅草】

さんぽうむし 864円

人気は白身魚のタネを包んだ「さんぽうむし」や「合鴨ロース煮」(1728円)など。今の季節は鮎の釜飯も登場する。

東京都台東区浅草4-10-2 ☎03-3874-2238 [営]18時~23時 [休]日 [交]浅草駅から徒歩10分

韓国料理なると【浅草】

海鮮チヂミ 800円

一番人気の「海鮮チヂミ」にはアサリ、エビ、イカがたっぷり。「石焼上ミノ」など熱々の石鍋料理も見逃せない。常連には地元の料理人も多い穴場店だ。

東京都台東区浅草4-39-2 ☎03-3872-7560 [営]17時~翌3時 [休]水

浅草観音堂裏 [第一弾:食べる!] はコチラ!

浅草観音堂裏 [第三弾:買う!!!] はコチラ!

【浅草観音堂裏 特集 第三弾:買う!!!】老舗和菓子から伝統工芸品まで職人の町らしい”粋”を感じる逸品がズラリ!国内外の観光客でにぎわう浅草。しかし、浅草寺観音堂の裏手に来ると様相が一変。花街の雰囲気を色濃く残しつつも静かで、路地に入れば、ここそこで美食に出会える、これぞ散歩しがいのある場所なのだ。

2016年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3288views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt