MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大久保駅の

大久保駅の"唸るラーメン"「麺屋 悠」の「味噌肉ワンタンメン」

名店の味をアレンジ!極細麺で楽しむ和風“味噌そば”。 目黒『支那ソバ かづ屋』や高円寺『はやしまる』など、数々の人気店で修業を積んだ店主が独立。修業先や同門の店にはない「味噌そば」を軸に、名店譲りの「支那そば」や「肉ワンタンメン」を展開する。 [交]JR総武線大久保駅南口より徒歩1分 ※ランチタイムあり

麺屋 悠(最寄駅:大久保駅)

スープは鶏ガラやゲンコツを炊いた清湯と、煮干しやサバ節、ソウダ節でとった魚介ダシを合わせた上品なダブルスープ。スープは共通ながら、醤油味の支那そばはあっさり系、味噌そばはこってり系と、まったく違った印象に仕立てられていておもしろい。ラーメンはもちろんのこと、はちみつを塗ってオーブンで香ばしく焼き上げた肩ロース肉の焼き豚やぎっしり肉が詰まったワンタンなど、トッピング類も名店の味を踏襲。おなかに余裕があれば、ワンタンメン仕様でのオーダーをおすすめする。

味噌肉ワンタンメン
1050円

味噌ラーメンには珍しい、ボソボソとした食感の極細低加水麺を合わせている

味噌ダレには徳島の「御前みそ」を中心に八丁味噌や西京味噌など、5 種類の味噌をブレンド

支那そば
700円

修業先『かづ屋』の味を踏襲した定番の「支那そば」(700円)

麺屋 悠

[住所]東京都新宿区百人町1-23-11
[TEL]03-3365-5656
[営業時間]月~土11時半~14時、水~土17時半~20時
[休日]日
[アクセス]JR総武線大久保駅南口より徒歩1分

電話番号 03-3365-5656
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
まるで和食の吸い物のような上品なスープだ。穴子、ヒラメ、真鯛など季節の魚のアラを丁寧に血抜きしてから炙って、じっくり炊き出すダシからは、荒々しさやクセはみじんも感じられない。
写真を見て驚かないでほしい。そう、丼を覆い尽くすのはピンク色に輝くA5黒毛和牛のリブロース。
丼の隅々まで手間をかける理由を聞くと、「だってラーメン屋ですから。普通のことでしょう?」とキョトンとするご主人に似て、同店の一杯は奥深くも食べる者をどこかリラックスさせる。スープは鶏と豚のベースに、サバ節と4種の煮干しのダシを合わせたもの。
青森市を中心に5店舗を展開する人気店が、ご当地の味“津軽ラーメン”を引っ提げて東京へ。もともと「津軽そば」から派生して生まれたご当地ラーメンだけに、津軽そばのダシ同様、水と煮干しだけで旨さを体現することにこだわった。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt