MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大人たちを虜に!昭和な渋谷、其の三、懐にやさしい、庶民の味方が残る「道玄坂・桜丘町ほか」

大人たちを虜に!昭和な渋谷、其の三、懐にやさしい、庶民の味方が残る「道玄坂・桜丘町ほか」

戦後の焼け野原から渋谷が息を吹き返し始めた頃、街には、感度の高い人々が集まってきた。

時代とともに流行を 生み、いまだ進化中

戦後の焼け野原から渋谷が息を吹き返し始めた頃、街には、感度の高い人々が集まってきた。

 駅前に、当時まだ珍しかったコーヒー専門店『珈琲店トップ渋谷駅前店』ができたのは、昭和27年。


渋谷のド真ん中に、昭和の喫茶文化が息づく

写真:「オイスタートースト」は、広島産の燻製牡蠣と辛子マヨネーズのバランスの妙が光る。コロンビアベースにグァテマラなどをブレンドした、「トップMIX5」


輸入食品を扱う会社が手がけた店で、サイフォンで淹れるコーヒーとともに、輸入品の缶詰を使った独創的なトーストが話題になった。今も店は駅前に健在、メニューは当時からほとんど変わっていない。



 昭和28年創業の『壁の穴』が新橋から渋谷に移ってきたのは、昭和38年のこと。


たらこスパゲッティ 発祥の店はココ!

写真:たらこ いかしそ。生たらこをほぐし、バターと昆布粉とともにやや太めの麺に和える


創業者の成松孝安さんは、CIA 極東長官・ブルームス氏の執事をしていた人物。

「ブルームスから退職金代わりにもらった」のが、店だった。そして、茹で上げパスタを日本でいち早く広め、この地で和風パスタというジャンルを確立していく。

こうして流行発信地としての礎を築く一方、井の頭線のガード下には、戦後の闇市から生まれた飲食店街が残され、異なる熱気を帯びていた。

渋谷マークシティの登場で景色はすっかり変わったが、そのお膝元には、今なお昭和風情の焼き鳥屋が数多く残る。

『鳥升』、『森本』、そして昭和22年創業の『山家』。

山家は渋谷でどこよりも早く24時間営業を始めた店だ。


昭和の大衆居酒屋の 雰囲気と価格

写真:薄くカリッと揚げたハムカツ


 渋谷駅西口から国道246号線を越えると、どこか落ち着いた雰囲気が漂う。

桜丘町は渋谷の中でも昔ながらの風景を保つエリアだ。246号線沿いのビルの地下で、昭和42年から営業を続けるのが、『三漁洞』。


桜丘町の地下でひっそり歴史を刻む名店

写真:ぶりと大根の炊き合わせ」 1,296円


「うちが店を出した頃には、まだ246号線に歩道橋はなかったんですよ」

 と、女将の石橋光子さんは話す。東京五輪を機に246号線が整備されて以来、渋谷駅との通行は分断され、それゆえに桜丘町は今日まで昭和の面影を色濃く残すこととなった。

 しかし、ついに2017年から大々的な再開発が始まる予定だ。高層タワーが建ち、駅改札から国道246号線を渡ることができるデッキも架けられる。

 4~5年のうちに、渋谷は人の流れも空気も一気に変わるだろう。しかし、歩けば色あせない昭和の薫りが残っていることに気づくはず。これから先、どんな表情を見せてくれるのか、その歴史はまだまだ続いていく。



このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3283views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt