MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
男のがっつり系サンド!東京都内厳選8選。ボリューム満点、噛みしめるヨロコビ!

男のがっつり系サンド!東京都内厳選8選。ボリューム満点、噛みしめるヨロコビ!

ボリューム満点で味も間違いない〝がっつり系サンド〟を編集部が厳選。 王道のカツサンドはもちろん、本格的なグルメサンドや個性派 ホットドッグまで、食欲をそそられる絶品の味をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》男のがっつり系サンド!東京都内厳選8選。ボリューム満点、噛みしめるヨロコビ!の画像をチェック! navigate_next

ポンチ軒のカツサンド(最寄駅:小川町駅)

分厚いカツの絶妙な柔らかさに思わず唸る!

写真:カツサンド(ロース)1640円

 前身は赤坂にあったトンカツと洋食の名店「フリッツ」。'12年の移転を機に、揚げ物のレシピはそのまま受け継ぎつつ〝トンカツと豚しゃぶの店〟として店名も新たに再出発した。

 赤坂時代から人気の「カツサンド」(1640円)は夜のみのメニューで、ドンと鎮座するカツの存在感は圧巻。肉そのものの味を際立たせるよう塩分と糖分を控えた粗めの生パン粉を使い、ゴマ油を加えたブレンド油でほんのりピンク色に揚げている。分厚いのにサックリ噛み切れるほど柔らかく、辛子バターを塗ったパンと千切りキャベツ、そして香味野菜とスパイスを調合したソースが相性抜群。

 常連客に評判の「ビーフカツサンド」(2440円)はサーロインの赤身を厳選し、ラードで揚げることでコクを出す。揚げ油の使い分けから衣の状態まで、計算され尽くした究極の美味に豪快にかぶりつきたい

■『ポンチ軒』
[住所]東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 [TEL]03-3293-2110 [営業時間]11時15分~13時半LO、17時半~21時(20時半 LO) [休日]日曜日 [座席]カウンター6席、テーブル14席、計20席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [アクセス]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分

BLT STEAK GINZAのステーキサンドイッチ(最寄駅:銀座駅)

米国最高位のリブアイを手軽にサンドで

写真:プライムステーキサンドイッチ(ランチ限定) 2592円

 アメリカで有名なステーキハウス「BLT STEAK」の日本2号店が銀座にオープン。ランチでは米国農務省格付け最高位と認定された牛肉「プライムグレード」を使う「プライムステーキサンドイッチ」(2592円)が味わえる。

 925℃の超高温でミディアムレアに焼いたリブアイを薄くスライスし、サンドイッチ専用のバゲットで挟んだ逸品。西洋ワサビを加えたケチャップベースのステーキソースとハーブ系特製ソースの2種を添えている。スタイリッシュな空間でいただく贅沢な味わいは格別だ。

■『BLT STEAK GINZA』
[住所]東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座8階 [TEL]03-3573-1129 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) [休日]無休 [座席]ウェイティングバー3席、テーブル76席、個室16席、計95席/全席禁煙/予約可/カード可/夜はサ10% [アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅B6 番出口から徒歩1分

洋食屋“B”のカツサンド(最寄駅:池尻大橋駅)

ボリューム満点これぞ洋食屋のカツサンド

写真:カツサンド 1080円

地元で愛される洋食店の根強い人気メニューがこちらの「カツサンド」( 夜のみの提供、1080円)。大きな豚ロースのカツ1枚を半分にカットし、脂身と肉の部分をバランスよく二重にして厚切り食パンで挟んだスタイルが特徴だ。もとはお土産用として客に作っていたのが評判を呼んで定番になった。

 味付けの工夫はブレンドソースとアクセントに加えた自家製のタルタルソース。目を見張る量もさることながら、そのクオリティーの高さとお値打ち価格に思わず顔がほころんでしまう。

■『洋食屋“B”』
[住所]東京都世田谷区池尻2-10-10 [TEL]03-3424-8200 [営業時間]11時半~14時、18時半~20時(材料がなくなり次第終了) [休日]土曜日・日曜日・祝日 [座席]テーブル席、計18席/禁煙席なし/コース注文のみ予約可/カード不可/サなし [アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩7分 ※ランチタイム有

ウルフギャング・ステーキハウス六本木(最寄駅:六本木駅)

極上の熟成肉をサンドイッチで食べる幸せ

写真:ステーキサンドウィッチ(ランチ限定) 3024円

 アメリカの高級ステーキハウスが提供する「ステーキサンドウィッチ」(3024円)は、バゲットからはみ出るほどたっぷり120gを挟んだ熟成サーロインステーキが自慢。使用するのは店の看板である最高品質の格付け「プライムグレード」の牛肉だ。店内の専用庫で長期熟成させ、深みのある香りと凝縮した旨みを最大限に引き出している。じっくり熟成することで繊維が程良く分解された肉は、弾力があるのにしっとり柔らかい絶妙な食感。同じくエイジングビーフを100%使ったハンバーガーも見逃せない。

■『ウルフギャング・ステーキハウス六本木』
[住所]東京都港区六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM's1階 [TEL]03-5572-6341 [営業時間]11時半~23 時半(ランチは14時半LO、ディナーは22時半LO) [休日]無休 [座席]バーカウンター18席、テーブル席140席、個室20席、計178席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [アクセス]地下鉄日比谷線ほか六本木駅3番出口から徒歩4分

QINO'SManhattan New York(最寄駅:茗荷谷駅)

肉や野菜を何層にも重ねた夢のサンドイッチ

写真:アメリカンクラブハウスサンドイッチ 2250円

「食事としてのサンドイッチ」をコンセプトに食材・パン・ボリュームにこだわったサンドイッチ専門店。約25種類あるメニューの中でも、うずたかく積み上げられた量に度肝を抜かれるのが「アメリカンクラブハウスサンドイッチ」(2250円)だ。チキンやチーズなど7種の具を挟んでいるが、これが絶妙のバランス! パンは十穀を使った特注品で、程良い酸味と風味が、主役の食材を引き立てる。

 定番の「ニューヨークルーベンサンドイッチ」(1750円)は塩漬けの牛肉に香辛料をまぶして燻製にした特製パストラミを何層にも重ね、チェダーチーズとザワークラウトを入れたスペシャルな組み合わせ。商品は地域や注文量に応じてデリバリーしてくれるのもうれしい。

■『QINO'SManhattan New York』
[住所]東京都文京区小石川4-21-2 [TEL]03-6231-5527 [営業時間]10時〜14時、土・日・祝 11時〜15時、デリバリーは6時〜19時(電話受付 平日:7時~17時半、土日祝:11時~19時半) [休日]無休(夏期・冬期・休業有) [座席]テーブル席、計17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

ケーニッヒのホットドッグ(最寄駅:吉祥寺駅)

ほとばしる肉汁!ナチュラルで上質なホットドッグ

写真:ホットドッグほうれん草チーズ 700円

 パキッと食べたときにジュワッとくる肉汁と、さらに噛み締めたときに感じる肉の旨さ。チーズもとろーり。チョイスしたドイツパンはしっかりモチモチで、なんとも、ナチュラルで上質に旨いホットドッグだ。

 というのも実は納得。こちらケーニッヒはそもそも手造りハム・ソーセージの専門店。本店店主の島崎智融さんがドイツヘッセン州の肉屋で学んだ製法をもとに、厳選した国内産の肉、ドイツ産岩塩などを使って丁寧に作っている。さらには、これを挟むパンもドイツから冷凍で輸入。モチっとした味わい深さでソーセージを受け止める。

 ソーセージが5種、パンが3種と、その組み合わせを選ぶのも楽しみ。仕上げにドイツビールをぐびっと添えれば完璧だ。

■『ケーニッヒ 吉祥寺店』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-10[TEL]0422-49-4186[営業時間]11時~15時、金曜日:11時~15時、17時~21時、土曜日・日曜日:11時~21時[休日]無休[座席]カウンター5席、テラス席4席、計9席/全席禁煙/予約不可/カード不可[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

Pigalleのホットドッグ(最寄駅:三軒茶屋駅)

わずか5坪のビアバーで味わう極旨ドッグ

写真:デンマークホットドッグ(1個)

 中心をくり抜いたパンにスッポリとハマったソーセージ。そんなインパクト抜群の「デンマークホットドッグ」(550円)が味わえるビアバー。デンマークでは一般的なスタイルのホットドッグで、パンは現地と同じもの、ドイツで修業した日本人の職人が作るソーセージを使用。季節により柚子やレモンなど柑橘を加えて作る自家製マスタードが爽やかな風味だ。

 ビールはヨーロッパを中心とした樽生のクラフトビールが6種類。ホットドッグ片手に1杯という最強コンビを堪能したい。

■『Pigalle』
[住所]東京都世田谷区太子堂2-15-8 [TEL]03-6805-2455 [営業時間]16時~翌1時、日曜日・祝日:14時~22時 [休日]月曜日 [座席]カウンター3席、テーブル2席、スタンディング10名、計15名/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅北口から徒歩1分

Mi Choripan(ミ・チョリパン)(最寄駅:代々木上原駅)

アルゼンチン発 極太チョリソーサンド

写真:カスタムチョリパン 1120円

 チョリパンというのはアルゼンチンのソウルフード。極太のチョリソーにたっぷりのトッピング、さらにチミチュリというアルゼンチン独特のソース、これをパンに挟んでガブリとやる。

 店主の中尾真也さんが世界放浪の途中で口にして魅せられ、ブエノスアイレスの人気店に飛び込んで修業してきた本場仕込みだ。10種類のスパイスを混ぜ合わせ、牛肉をふんだんに使ったチョリソーには肉の旨みがたっぷり。こんがり焼けた感と滲む肉汁も感じながらガブリ。チミチュリのスパイシー&酸味が相まり、たまらん旨さ!

■『Mi Choripan(ミ・チョリパン)』
[住所]東京都渋谷区上原2-4-8 [TEL]03-5790-9300 [営業時間]12時〜23時、曜日・日曜日・祝日:11時~20時 [休日]火曜日、第2・4月曜日(祝日は営業) [座席]テーブル席、テラス席を合わせて計20席/禁煙席なし/予約可(土・日・祝は19時以降のみ)/カード不可/サなし/テイクアウト・デリバリーあり [アクセス]小田急・地下鉄千代田線代々木上原駅南口から徒歩6分 ※ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル