SNSで最新情報をチェック

 ひと味違う、鴨料理屋さん「鴨亭」のランチ限定鴨南蛮がこちらだ。蕎麦専門店じゃないがゆえの遊び心というか自由さで、鴨肉と刻みネギ以外にも、かまぼこ、天かす、月見状態で玉子がのっているのが楽しい。

画像ギャラリー

鴨亭(最寄駅:東銀座駅)

脂身の少ない厳選した鴨肉の美味しさを!
鴨ガラからダシを取るというつゆは、鴨鍋のつゆを伸ばしたかのごとく、ほんのり甘めで親しみやすい。鴨肉は、蕎麦屋に多いロースでなく、もも肉。実はコクがあるけどクセが少ない部位。そのあたりの計算も鴨料理屋ならでは。噛むほどに旨みの出る鴨肉とともにおおらかに味わおう。

鴨亭南蛮そば(ランチのみ)

1080円

鴨南蛮はこの秋始めたばかりのランチ限定メニュー。もも肉を使った鴨料理屋ならではの肉の旨さと、鴨の味わいがしっかり出たスープがいい。どこで月見を崩すか、どこから味わおうか、そんな楽しみもならでは

鴨せいろそば

1080円

[酒]
生720円、中瓶670円
[その他のメニュー]
夜)鴨鍋がメインのコース料理3800円〜、
鴨すき焼き一人前2500円(すべて税別・昼は税込み)

鴨亭

[住所]東京都中央区築地4-2-11 新橋演舞場別館1階
[TEL]03-6264-0504
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~23時(22時LO)、土夜17時~22時(21時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル16席 計22席/全席禁煙/カード可(夜のみ)/予約可(夜のみ)/サなし
[交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅6番出口から徒歩4分

電話番号 03-6264-0504

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...