SNSで最新情報をチェック

 松翁は研鑽を重ねた極上の天ぷらで有名だが、ご主人・小野寺さんは天ぷら以外にもとにかく研究熱心。その心意気が表れた温かい蕎麦の名品が「けんちんそば」だ。

画像ギャラリー

松翁(最寄駅:神保町駅)

濃厚なダシと根菜の美味しさを
ご賞味ください

スープのベースはフレンチのブイヨンからヒントを得たそうで、鴨から取り除いた余分な脂を使って香味野菜を炒め、鶏のガラと一緒にじっくりと2日間かけて炊く。柔らかい滋味に富んだスープはかえしと隠し味の味噌で味わいはまろやか。今が旬の根菜がたっぷり入っているので、まさに冬の味覚そのものだ。 端正こめた蕎麦と料理が作家・池波正太郎さんに愛されたこの店で、冬ならではの名品をぜひ味わいたい。

けんちんそば

1200円

里芋や大根など食感の違う根菜が食べ応え十分。3種類あるかえしの中から薄味のうどん用のかえしを使い、優しい味に

牡蠣そば

1950円

[その他のメニュー]
さるそば950円、二色もり1 0 5 0 円、天ざる2350円、かけそば1000円、卯の花510円ほか

松翁

■『松翁(まつおう)』
[住所]東京都千代田区猿楽町2-1-7
[TEL]03-3291-3529
[営業時間]11時半~15時半LO、17時~20時LO、土曜日:11時半~16時LO、12/30は〜16時頃、31日は持ち帰りのみ ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日、1/1〜1/9
[座席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円〜
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩6分

電話番号 03-3291-3529

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...