SNSで最新情報をチェック

 茨城県が誇る蕎麦品種「常陸秋そば」と地元ビールを旅気分で味わいに出かけよう。世界50か国以上で愛される人気ブランド『常陸野ネストビール』を造るのは、創業190余年を数える日本酒蔵『木内酒造』。

画像ギャラリー

蔵+蕎麦 な嘉屋(最寄駅:常陸鴻巣駅)

クラフツマンシップあふれる日本酒蔵のビールと蕎麦
 その趣ある蔵の敷地内に蕎麦処『な嘉屋』がある。外一蕎麦のほか、酒蔵ならではの水の代わりに日本酒で打つという酒蕎麦は、のど越しがよく香りも清々しい。 刺身や常陸牛、自家菜園の野菜など地元産にこだわるおつまみも充実。大正時代に建てられた日本酒蔵を散策したら、蕎麦+ビールでのんびりしたい。

しらすおろし蕎麦、ホワイトエール

1382円、702円

な嘉屋の特選常陸牛ローストビーフ、だいだいエール

1982円、702円

ホワイトエール、だいだいエール、常陸野ネストラガー

各生702円、ボトル756円

蔵+蕎麦 な嘉屋

電話番号 029-298-0105

2017年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...