MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
松翁(そば/神保町)|滋味あふれるスープとたっぷりの根菜に体も心もほどける

松翁(そば/神保町)|滋味あふれるスープとたっぷりの根菜に体も心もほどける

 松翁は研鑽を重ねた極上の天ぷらで有名だが、ご主人・小野寺さんは天ぷら以外にもとにかく研究熱心。その心意気が表れた温かい蕎麦の名品が「けんちんそば」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》松翁(そば/神保町)|滋味あふれるスープとたっぷりの根菜に体も心もほどけるの画像をチェック! navigate_next

松翁(最寄駅:神保町駅)

濃厚なダシと根菜の美味しさを
ご賞味ください


スープのベースはフレンチのブイヨンからヒントを得たそうで、鴨から取り除いた余分な脂を使って香味野菜を炒め、鶏のガラと一緒にじっくりと2日間かけて炊く。柔らかい滋味に富んだスープはかえしと隠し味の味噌で味わいはまろやか。今が旬の根菜がたっぷり入っているので、まさに冬の味覚そのものだ。 端正こめた蕎麦と料理が作家・池波正太郎さんに愛されたこの店で、冬ならではの名品をぜひ味わいたい。

けんちんそば
1200円

里芋や大根など食感の違う根菜が食べ応え十分。3種類あるかえしの中から薄味のうどん用のかえしを使い、優しい味に

牡蠣そば
1950円

サッとかけつゆをくぐらせただけの牡蠣は海の香りが濃厚。下にひいた海苔がほぐれてくると、いい香りが漂う。牡蠣をはじめ、魚介は毎朝築地に通って自分の目でいいものを選ぶ

[その他のメニュー]
さるそば950円、二色もり1 0 5 0 円、天ざる2350円、かけそば1000円、卯の花510円ほか

松翁

■『松翁(まつおう)』
[住所]東京都千代田区猿楽町2-1-7
[TEL]03-3291-3529
[営業時間]11時半~15時半LO、17時~20時LO、土曜日:11時半~16時LO、12/30は〜16時頃、31日は持ち帰りのみ ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日、1/1〜1/9
[座席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円〜
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩6分

電話番号 03-3291-3529
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル